「学校の先生」を辞めるとき、「うまくいかないだろう」と誰もが笑いました。でも…。


起業して5年。

無事個人事業主から法人へと法人成りを果たした。

 

 

将棋で「歩」が敵陣へ踏み込むと「と金」になる。

「歩成り」である。

えっ?将棋、知らない?

 

 

個人事業主も同じ。

ある程度の売り上げを作ると、法人になった方が良くなる。

 

 

そんなわけで、僕の事業も法人成りを果たした。

株式会社ミナクル組織研究所が誕生し、僕は経営者になった。

 

 

「学校の先生」を辞めるとき、誰もが笑った。

「先生にビジネスなんて無理」と言われた。

現場を逃げ出した。

現場を投げ出した。

そんな風に見ていた人もいただろう。

 

 

歯を食いしばって働いた。

眠れない夜を何度過ごしてきただろう。

 

 

そうして今、僕はまた新たな場所に立っている。

 

 

すべては「先生時代」に培ったものの上に成り立っている。

「先生にビジネスなんて無理」と言われたけれど、先生時代の経験はビジネスに大いに生きている。

 

 

むしろ、ただの「従業員」の人よりも教員は「学級経営」をしてきた分だけ経営ができるのではないか、と思っている。

ちゃんと先々のことを考え計画を練り準備をする。

学年主任の経験とか、進路指導主事の経験とか、ムッチャ生きてると思っている。

 

 

ただ、僕が普通の先生と大きく違うのは、僕がやたらマーケティングに詳しいということだろう。

マツダミヒロさんに師事したこともあり、その後もいろんなマーケッターに出会ってきたこともあり、「学校の先生」の割に売るのがうまい。

 

 

動画を駆使し、メルマガを駆使し、購買につなげるのが上手だったりする。

最近、コピーライティングも学んでいて、それも楽しい。

 

 

僕のビジネスを支えているのは、教員時代の経験とマーケティングの知識だけだ。

あと、コツコツ続けられる精神力かな。

もうね、それだけ。

 

 

もしあなたにやりたいことがあるなら、今の仕事をまず精一杯愛すること。

そして、取り組むこと。

その分野で一番になるぐらい打ち込むこと。

 

 

間違っても、「今の仕事が嫌だから」みたいな理由で独立なんてしない方がいい。

自分でビジネスするって大変だから。

 

 

好きで好きでたまらない仕事をして、それでもなおやりたいことがあるから起業する。

そういう人じゃないと成功しないんじゃないかな。

僕はそう思う。

 

 

逃げるのではなく攻める。

そんな気持ちが必要なのよ。

 

 

今思えば、あのとき「起業なんて無理」と笑ってくれた人がいたからこそ、僕はここまで来れた気がしている。

そういう意味じゃ感謝だよな。

 

 

魔法の質問

あなたには覚悟がありますか?

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。