担任の先生が一人で抱え込んではいけない

学級経営 悩み

子どものことを、担任の先生が一人で抱え込んではいけません。

ちゃんと責任をもつ。

それは大事なことです。

 

だけど、責任を感じることは違います。

うまくいかないことなんてあって当然。

子どものこと。

保護者のこと。

うまくいかないことなんて、山ほどあります。

 

むしろ、思った通りに進むことの方が少ないと思った方がいい。

だから、責任を感じて自分を責めてしまう先生がいます。

 

学級がうまくいかなくても、自分が一人で責任を感じる必要はありません。

なぜって、目の前にいる子どもたちは、学校の先生みんなで育てるものだから。

 

それに自分を責めたって、子どもも教室も変わらないんです。

 

責任は「感じる」のではなく、「もつ」もの

自分ひとりで抱え込んではいけないの。

 

だけど、

「私がやらなきゃ!」って責任を感じている先生は、ひとりでがんばってしまいます。

自分のキャパシティーを越えて、がんばろうとする。

 

でもね、それって、実は無責任なんだと思う。

 

できないことをやろうとして、結果、手が回らなくなる。

それって、先生も子どもも不幸にすることだと思う。

 

だから、

自分のキャパシティーを理解したうえで、やれることをやる。

やれないことは助けてもらう。

 

それが責任をもつということです。

 

同僚の力を借りる。

先輩に相談する。

スクールカウンセラーに相談する。

外部機関につなぐ。

 

そういう教育の総合窓口になっていくこと。

自分ひとりでなんでもやろうなんて傲慢です。

 

15年、生徒指導に携わってきた僕でも、未だに相談ばかりしている。

いろんな人に助けてもらっている。

 

そうやって助けてもらって、目の前の子どもをハッピーにできればいいんです。

それが、プロの教師として、責任をもつということです。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 周囲の力を借りて、責任を果たす

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。