学級経営を加速させる働き者の掲示物

先生がお休みしても機能する仕組みをつくる

理想の教室は、◯◯がいなくても機能する教室

 

教室の中に『仕組み』をつくりましょう。

 

『仕組み』ができあがっているクラスでは、

おもしろい現象が起こります。

 

担任の先生が休んでも、

いつもと変わらない。

 

「先生がいなくても、私たちのクラスは大丈夫です」

と子どもたちに言われたら最高!

 

理想の教室は、先生がいなくても機能する教室です。

 

そういう『仕組み』ができているから、

本当に必要なところに手をかけられるようになります。

 

『管理』された中では育たないけれど、

『仕組み』の中では、

子どもたちがどんどん成長していきます。

 

そんな成長を幸せに感じる。

 

ハッピーな『学級経営』は、先生も子どもたちもハッピーにしてくれるんです。

 

掲示物に仕事をさせる

 

『仕組み』と言われても、

ピンとこない先生もいらっしゃいますよね。

 

たとえば、『掃除当番表』

 

そうです!

 

真ん中に円盤があってクルクル回る『掃除当番表』です。

 

掃除当番が変わるたびに、クルクル。

「先週は教室掃除だったから、今週はトイレか~」

というアレです。

 

あれこそ、『仕組み』です。

 

もしも、あの掲示物がなかったらどうなりますか?

 

「先生、今週はどこが教室の掃除ですか?」

と子どもたちに毎週尋ねられ、
「ちょっと先生のクラス、掃除当番が来ないわよ」

と同僚に叱られ…。

 

あの掲示物があるから、

私たちは毎週毎週「今週の掃除場所は○○ですよ」と、

確認せずに済んでいます

 

あれが『仕組み』なんです。

 

何気なく使っているけれど、

あの掲示物はものすごく働き者なのです。

 

だから、どこの教室にも貼ってあるんです

 

先生が『管理』しなくても、

『仕組み』が学級を動かしていく。

 

つまり、そういうことなんです。

 

だから、『仕組み』が働いている間に、

どうしても手をかける必要のある子どもに手をかけられるんですね。

 

小学校低学年の教室に行くと、

よく掲示してある「ハンドサイン」

 

あれだって、そう。

 

先生が毎時間、ハンドサインを確認する必要ないんです。

あの掲示物が登校から下校まで

指導をし続けてくれているんです。

 

掲示物って、ホントに働き者なんです。

 

絶対にサボらない(^_^)/

 

それで、みなさん。

 

ぜひ、今日教室に行きましたら、そういう目で教室を眺めてみてください。

『仕組み』がどれだけありますか?

あってもなくても変わらない掲示物はありませんか?

 

その割合はどうでしょうか?

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 教室に働き者の掲示物を貼ってみる。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。