「どうしてこの子にイライラするのだろう」と思ったら

子どもを叱る

毎朝、遅刻してくる子

毎朝、遅刻をしてくる子っていますよね。朝起きるのが遅いんでしょう。たぶん、その子だけの問題ではなく、家庭全体の朝のスタートが遅いのでしょうね。

 

なので、僕は遅刻をあまり叱る気にはならないのです。

ついつい遅刻してきた子に出会うと、「なにか会ったの?」「起きれなかった?」「朝ごはん食べた?」って聞いてしまいます。

途中まで迎えに行って、一緒に門まで走ったりして。ついつい、寄り添ってしまう。これはもう習慣。

 

「どうしてこの子は遅刻してしまうのかな?」

「この子がハッピーになるために僕にできることは何だろう?」

そうやって、いつも『問い』をつくること。いつだって変えられるのは自分だけですから。『問い』をつくれば『答え』は見つかります。あとはソイツを実行するだけ。それが僕らの志事なんです。

 

THE反面教師

感情的に叱っている先生を見るといいですよ。叱っている先生の側に立って腕組みしながら、子どもを見ている先生いませんか?

 

逆です、逆

 

子どもの側から、その先生を見てください。そっち側から見たら、よくわかります。

 

あ〜、こりゃ、ダメだなって気づくはずです。感情的に叱ってる人って、むちゃくちゃ小さく見えるから。子どもの側から見てみる。これはオススメです。

 

以前ね、すごく勢いで叱っている先生がいました。

 

「時間を守れないと社会に出てから苦労するよ!」

「何度遅刻したらわかるの!」

 

でもね…。

その先生、よく遅刻していたんです(笑)

 

(すごいなぁ…)

心からそう思いました。ハッピーな先生になるためのステップ…、、自分のことは棚に上げて指導する…。

 

いやいや、ダメでしょ!

 

自分ができていないことを指導するとき、人は感情的になる

なんの根拠もありません。でもね、そんな感じしません?

たぶんね、叱りながらできていない自分自身にも腹が立ってくるんじゃないかなって思う。

 

僕はよくしゃべります。で、そんな自分のことがちょっと嫌いです。「黙ってりゃいいのに」って思うことがあるんです。でも、ついついしゃべってしまいます。ですから、会議が長引きます…。

だからでしょうか。

「おしゃべりな先生」を見ると、イライラします。

 

子育てしてるとホントに思う。我が子って自分のコピーなんです。我が子の中に、ちゃんと自分のDNAがあることを、親は感じると思うんです。だってね、情けない部分ばっか似てるんです!で、そこにイライラするのです。

 

よく泣くな〜!

自分勝手だな〜!

ダラしないな〜!

ルーズだな〜!

 

ぜんぶオレじゃん!

 

自分のダメな部分ってイライラするんだと思います。

 

提出物がよく遅れる先生が、提出物出せない子にイライラしていたり。

素直じゃない先生が、素直じゃない子にイライラしていたり。

みんなと協力できない先生が、みんなと協力できない子にイライラしたり。

遅刻する先生が、遅刻する子にイライラしていたり。

 

逆に言えば、子どものことでイライラしたら、「そのイライラはどこから生まれたのだろう?」って考えてみるといいのかもしれません。

 

我が子の「ここダメだな〜」ってポイントが見えたらね、「あ〜、それオレのDNAだな〜」って思ってみる。

そうすると、割り切れます。

「怒ったってどうしようもないじゃん」

 

そうやって受け止められたら、きっと感情的に叱ることはなくなると思います。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 自分の中にあるものに腹が立っていると知るだけで、寄り添えるようになる。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。