子どもの言動に感情的にならないマインド

感情的にならないためには、自分の感情に気づくことが大切

子どもたちの言動にカッとなってしまったときに大切なこと

 

 

反抗する子ども。

 

悪態をつく子ども。

 

暴言を吐く子ども。

 

暴力を振るう子ども。

 

ついつい感情的になってしまうこと、ありますよね。

 

そんなときは、まず感情的になっている自分に気がつくことです。

「あっ!今、感情的になってるぞ」って気づくだけでいいのです。

 

怒っているとき。

「叱る」と「怒る」の境界線に立ってるとき。

まず間違いなく感情的になっています。

 

そんな自分に気づくことが大事です。

 

 

子どもたちより一つだけ上のステージに上がる

 

児童生徒と同じステージに立っている先生がいます。

だから、感情的になってしまうのです。

 

今度は、子どもたちが立つステージのもう一つだけ上に立って

子どもたちを眺めてみてください。

 

なんでこの子は反抗的な行動を取るのだろう?

 

なんでわざわざ悪態をつくのだろう?

 

なんでこの子は暴言を吐くのだろう?

 

なんでこの子は暴力を振るうのだろう?

 

 

「この子の抱えている問題を

 解決するために僕ができることは

 なんだろう?」

 

そんな自問自答を繰り返していると、

子どもたちの言動に感情的になることはありません。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 感情的な自分に気づき、もう一つ上のステージから眺める

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。