子どもの言動に感情的にならないマインド

感情的にならないためには、自分の感情に気づくことが大切

子どもたちの言動にカッとなってしまったときに大切なこと

 

 

反抗する子ども。

 

悪態をつく子ども。

 

暴言を吐く子ども。

 

暴力を振るう子ども。

 

ついつい感情的になってしまうこと、ありますよね。

 

そんなときは、まず感情的になっている自分に気がつくことです。

「あっ!今、感情的になってるぞ」って気づくだけでいいのです。

 

怒っているとき。

「叱る」と「怒る」の境界線に立ってるとき。

まず間違いなく感情的になっています。

 

そんな自分に気づくことが大事です。

 

 

子どもたちより一つだけ上のステージに上がる

 

児童生徒と同じステージに立っている先生がいます。

だから、感情的になってしまうのです。

 

今度は、子どもたちが立つステージのもう一つだけ上に立って

子どもたちを眺めてみてください。

 

なんでこの子は反抗的な行動を取るのだろう?

 

なんでわざわざ悪態をつくのだろう?

 

なんでこの子は暴言を吐くのだろう?

 

なんでこの子は暴力を振るうのだろう?

 

 

「この子の抱えている問題を

 解決するために僕ができることは

 なんだろう?」

 

そんな自問自答を繰り返していると、

子どもたちの言動に感情的になることはありません。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 感情的な自分に気づき、もう一つ上のステージから眺める

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。