「叱らない方法」を考えるおもしろさ

叱らない方法を考えてみる

あなたができることは何ですか?

 

「暴れるあの子」

 

「ルールを守れないあの子」

 

 「空気が読めないあの子」

 

 「何もしないあの子」

 

 教室の中には、

手のかかる子がいます。

 

「手のかかる子」に

僕は何ができるだろうか。

 

この自問自答が、

僕らの志事を、

楽しくさせます。

 

この問いを楽しめていますか?

 

 

 この自問自答を楽しめないと

「ハッピーな先生」にはなれません。

 

 

子どものことで悩めるのは幸せ

 

「手のかかる子」に出会えることは、

本当にありがたいことです。

 

 

この子を幸せにするにはどうしたらいいのか?

 

それを必死に悩む。

 答えはないのかもしれないけれど、

とにかく悩む。

 

「叱る」のは簡単です。

 

だれにでもできます。

 

感情的になって怒鳴り散らす

なんて、もっとも愚かな方法なんです。

 

僕も、そんな愚かな方法に頼っていました。

 

子どもの心には響くことはありません。

僕の器も小さいままでした。

得るものはありませんでした。

 

「叱らない方法」を考えてみる

そこに、

この仕事のおもしろさがあると、

僕は考えています。

 

「ハッピーな先生」たちは、

そのおもしろさを、

楽しんでいるから、

生き生きとしているのだと思います。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 叱らない方法を考えることを楽しむ

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。