時間を有効に使うための法則

忙しい 教員

『世界一忙しい日本人学校』でマシーンになる。

海外への赴任が決まったとき、当時の教頭先生から言われました。

「ウチは世界一忙しい日本人学校だから」

 

僕は在外教育施設に赴任した年、中学3年生の担任になりました。

「ウチの中3担任は進路書類作成マシーンになる感じかな」

そう学年主任の先生から教えられました。

 

果たして、僕は「進路書類作成作成マシーン」になりました。

実に108通の調査書を作りました。

煩悩の数と一緒です。

 

朝6時に出勤し、深夜2時に退勤しました。

空き時間もすべて書類を書き続けました。

 

このご時世に、ほとんどが手書きの調査書です。

なぜなら、全国津々浦々多岐にわたるため、コンピュータで処理しきれなかったからです。

 

書いても書いても終わりません。

 

鉛筆で下書き、管理職の点検後ペンで清書。

108通のうちにほとんどがそんな作業でした。

しかも、指導要録3年分を丸写しする感じです。

 

「掲示係」とかいらんだろ〜!とか思ったけれど、全部書かなければいけませんでした。

だから、ただひたすら書類を書いてる感じでした。

だんだん、目の焦点は合わなくなるし、手に力が入らなくなるし、何度も何度も「休」を「体」って書いてしまうし…。

 

「やらなければならないこと」に押しつぶされる

そうなってくると、もはや授業の準備などできません。

道徳も学級活動もいいかげんなものでした。

「やらなければならないこと」に追われて、「やりたいこと」が何ひとつできなかった日々。

 

どのくらいいいかげんだったと思いますか?

 

教室に行ってから「今日、何やるの?」って確認しているような感じでした。

結局、学級担任として何もしてあげられなかったという後悔ばかりの1年でした。

 

授業が大切だ!と言っておきながら、実際には教材研究が最も後回しになっているような気がします。

校務分掌に追われ、保護者対応に追われ、本当に大切にすべきことに手が回らない。

そんな悪循環がさらなる問題を引き寄せるという負のスパイラル。

 

学級がうまくいかないのは、そんな負のスパイラルの中にいるからです。

 

『80:20の法則』

『パレートの法則』と呼ばれる有名な法則があります。

「全体の80%は一部の20%が生み出している」という法則です。

「売り上げの80%は、顧客の20%が生み出している」という形で使われているそうです。

 

この法則は、僕らの仕事にもちゃんと当てはまります。

「目の前の子どもたちをハッピーにする」

それが、僕らの志事です。

ところが僕らが優先する仕事は、子どもたちをハッピーにする志事より、「やらなければならないこと」だったりします。

そこから抜け出すために大切なことが『80:20の法則』には隠れているのです。

 

学級がうまくいかないのは、本当に大事な20%をやらないからなのです

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 「やらなければならないこと」に追われている自分に気づく。

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。