良い子とか、悪い子とか、いないからね♪

子どもへのまなざし

悪い子なんていないんだよ。

学級に「良い子」はいますか?

学級に「悪い子」はいますか?

僕はそういうものはそもそも存在しないと思っています。

 

そう感じている「私」がいるだけ。

この子を「良い子」と感じている「私」。

この子を「悪い子」と感じている「私」。

 

ものの見方や感じ方は人それぞれです。

ものごとには裏と表があるように、どう見るかで見え方は変わります。

 

そう感じている「私」に気づく。

それが大切なんです。

 

先生の都合で考えていませんか?

「悪い子」ってジャッジは、先生にとって「都合の悪い子」だったりします。

「良い子」ってジャッジは、先生にとって「都合の良い子」だったりします。

 

先生の都合…。

 

忘れ物をする子。

ルールを破る子。

提出物を出せない子。

空気を読まない子。

叫ぶ子、走る子、暴れる子。

 

先生にとっては「都合の悪い子」かもしれません。

学級指導をしていくうえで、ちょっと難しい状況を生むかもしれません。

 

でもね、それは「先生の都合」です。

「悪い子」じゃないんですよ。

指導は大変かもしれないけれど、「悪い子」じゃないんです。

そこを間違えちゃいけません。

 

この子であるだけで素晴らしい

ものの見方は人それぞれ。

「良い子」だと思えば良い子に見えるし、「悪い子」だと思えば悪い子に見えるもの。

ジャッジは、見方を惑わせます。

 

その子その子の輝きに目を向けたい。

子どもたちとの出会いに感謝できる先生でありたいと思います。

 

いろんな子がいます。

いろんな家庭環境の子がいます。

指導が困難な子もいます。

だから、学校は素敵な場所なんです。

 

みんながみんな、先生にとって都合のいい子ばかりだったら、逆に怖いと思いませんか?

全員が「右にならえ」で従順で…、そんなの気持ち悪い!

 

いろんな子がいるから、いいんだよね。

そう思えば、すべての子どもが素晴らしい!

良い子も悪い子もいないんです。

みんながみんな素晴らしいんです。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 「ハッピーな教室」には「良い子」も「悪い子」もいない。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。