愛の意味は愛されたからわかるんです

子育て

『言葉の力』ってなんだろう?

僕らは言葉で認識し、言葉で思考し、言葉で表現しています。

 

目の前にりんごがあったとします。

僕らは『りんご』という言葉を知っています。

『りんご』という言葉を知らなかったら、それは『赤い謎の球体』でしかありません。

 

『果物』という言葉を知っていれば、それは『赤い謎の果物』となるでしょう。

いや、『赤』という言葉も知っていなければいけませんね。

言葉があるからこそ、『りんご』を『りんご』として受け止めることができます。

 

これは、気持ちを表す言葉も同様です。

悲しいという気持ちは、自分の語彙の中に『悲しい』という言葉があるからこそ、理解ができます。

語彙の中に『悲しい』がない人は、人との別れに涙をこぼしても、その気持ちが『悲しみ』であることを理解できません。

「なんだか苦しい…」

この気持ちはなんだろう。とにかく苦しい、となってしまうのですね。

 

ですから、僕らは言葉で認識し、言葉で思考し、言葉で表現しています。

これこそが本質的な『言葉の力』ではないかと考えています。

ですから、言葉をもたなければ、僕らは認識も思考も表現もできないわけですね。

 

どうやって言葉を覚えたのだろう。

では、僕らはどのようにして言葉を身につけていったのでしょうか。

それは、たくさんの言葉のシャワーをかけ続けたからです。周囲の大人、とりわけ一番身近にいるお母さんが、一生懸命話しかけたからです。

 

赤ちゃんは話しません。だけど、そんな赤ちゃんに「おいしいでちゅか〜♡」「マンマ食べまちゅか〜♡」「パパでちゅよ〜♡」って話しかけ続けます。そうやってたくさんの言葉のシャワーが人間に言葉を与えていきます。

 

もしも赤ちゃんにだれも話しかけなかったら、

もしもず〜っと閉じ込めておいたら、その子は言葉をもたないわけです。言葉がなければ認識も思考も表現もできません。

 

つまり、あなたが今、人間らしく生きられるのは、周囲の言葉のシャワーのおかげだと言ってもいいでしょう。

 

共感的に聴くことで生まれるつながり

気持ちを表す言葉にも同様のことが言えます。

悲しいという気持ちは、「悲しい」という言葉があるからこそ感じられます。

うれしいという気持ちは、「うれしい」という言葉があるからこそ感じられます。

 

子どもがいろんな話をしてくれます。

「あっ、幼稚園でそんなことがあったの?悲しい気持ちになったねぇ」って伝えてくれるから、「悲しい」ってこんな気持ちなんだなってわかるのではないか。僕はそんなふうに考えています。

 

絵本を読み聞かせたり、親子が一緒になって遊んだりするなかで、いろんな感情を表す言葉を届けていく。そのことが子どもたちの言葉を広げていきます。

 

スマホやテレビに子育てを任せても、言葉は覚えていくでしょう。

でもね、感情ってものだけは、やはり臨場感が必要なんだと思います。手塩にかけて育てるってのは、つまりそういうことなんです。

 

究極のところ、「愛」って言葉の意味はね、愛されたことのある人にしかわからないんです。

辞書で調べれば、載っています。でもね、ホントの、ホントの深〜いところで「わかる」ってのは、辞書じゃ調べられないの。

 

だから、愛の意味のわかる子に育てたいと思います。

なにも難しいことはありません。ただ目の前の子どもたちを愛すればいいんです。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 目の前の子どもたちを愛すること。ただそれだけ。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。