どんなコンテンツを教室に生かしますか?

教室に生かす

なんでもかんでも取り入れたら、いいものができるのか?

勉強熱心な先生が陥りがちな罠。

教育書を読み漁って、いろんなものをどんどん寄せ集めてくる。

そう、『幕の内弁当』みたいな学級経営。

 

あれもこれも取り入れたら、なんだか子どもたちに余裕がなくなってしまう、そんな学級経営。

僕もそうでした。

すごく勉強熱心だったから♡

 

もう一回、書いとこう!

すごく勉強熱心だったから♡

 

最初のことは、山ほど教育書を読みました。書いてあることを全部取り入れたてみたんです。

書籍にまでなっている実践ですよ。全部取り入れたら最高の学級ができあがるはずじゃないですか?

僕はそう信じておりました。

 

ですが、どうにもうまくいきません。

それはなぜでしょうか。

 

いいコンテンツより、子どもに合ったコンテンツ

一番大事なことを忘れていたんですね。

 

それはね、「何のために」ってことが欠けていたんです。学級がどこを目指すのかって道しるべがなかった。だから、幕の内弁当になってしまうんです。

 

コンテンツは山ほどあるの。で、どこにアンテナを立てるのか、ってのが重要なんですね。

 

じゃあそのアンテナはどんなアンテナか。

「目の前の子どもたちをハッピーにする」

それしかないわけです。

 

山ほどあるコンテンツから、、目の前にいる子どもたちは、このコンテンツでハッピーにできるだろうかってフィルターにかけるんですね。

 

で、そうすると、今、目の前にいるこの子たちにはガッツリ焼肉弁当だな!とか、少食だからおむすび弁当だな♡とか考えるわけです。

 

コンテンツが優れているから使うのではなく、子どもに合わせてコンテンツを選ぶんですね。

ってことはつまり、目の前にいる子どもたちをじっくり見ることが先なのです。

 

最初の10年ぐらいは勉強した方がいいね

最後にこれだけは書いておきたい。

『ハッピーな先生のハッピーな教室』では、スキルやメソッドよりマインドが大事なんだよ、って書いてきました。

でも、ちょっとこの書き方は語弊があったなって思っています。

 

スキルやメソッドが不要なわけではありません。

むしろそれは、あることが大前提!

でね、それだけじゃダメよ♡ってことが言いたいわけです。

 

だからね、なんもわかってないうちから我流でやるのはやめましょう。

最初の10年くらいは教育書の類を読んで、山ほど勉強するといいんじゃない?

いろんなコンテンツをもつといい。

天ぷら弁当でも、唐揚げ弁当でもさ、そもそも唐揚げや天ぷらがマズかったらダメですからね…。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 子どもに合わせてコンテンツを選ぶというアンテナをもつ。 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。