騒がしい教室を変える魔法のアプローチ

まず指導のフロー(流れ)をつくるために

子どもの心の動きを見つめてみよう

 

授業中、おしゃべりばかりしている子

すぐに後ろを向いてしまう子

席を立ってしまう子

 

先生が手のかかる子に子に手をかける。

がんばっている子どもにはどう映るでしょうか。

 

「いいなぁ〜」

「うらやましいなぁ〜」って映ってしまう。

 

授業の邪魔をすれば手をかけてもらえると、

考えてしまう子もいます。

 

だってそうでしょ?

子どもたちは先生が大好き。

みんな、自分を見てもらいたい。

 

おしゃべりしてたら、かまってもらえるんだもの。

 

ある授業を参観させていただいたときのことです。

200字ほどの短作文を書かせる授業でした。

なかなか取り組みの遅い子どもたち。

 

(あっ…、この教室はキビしいかも…)

これが僕の最初の感想。

 

書き出しで苦労している…と言えば聞こえがいいのですが、

早い話、考えていない。

「どう書けばいいかわからない」と言っておしゃべりばかり。

一向に書き出さないんです。

 

「先生、わからな~い」

「何書くの~?」

 

先生もそれに付き合ってしゃべっているものだから、

何の授業なのだか、よくわかりません。

次第にみんながおしゃべりをし出す。

 

 

アプローチする子どもを見誤らない!

 

そういう騒がしい教室でも、

一生懸命取り組める児童や生徒はいます。

 

僕はそんな子のところへすっと寄っていく。

 

「よく書けてるね。

 ◯◯がいいねぇ。

 ◯◯が好きなの?」

 

なんて、書いた作文をずっと絶賛!

書けた子を見つけるたびに近づいていって、

声をかける。

 

「すごいね!◯◯さん、もう書けてるよ!」

 

すると、子どもたち自身が気づくんですね。

どうしたら、手をかけてもらえるかに。

 

書けたら、先生がかまってくれるんだって気づいたら、

黙って書き出す子が増えていきます。

そのフローができてから、

支援が必要な子に、手を差し伸べる。

 

向かいたい方向に向いている子どもたちに指導の力点を置きます。

まずはフローをつくることが大事!

 

指導の力点を間違えてしまうと、

目指す場所と真逆の方向へ

向かうことになってしまいます。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 指導のフロー(流れ)を作るために、できている子に手厚くする。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。