後悔しない生徒指導をするためのしつもん

生徒指導 方針

結果に後悔しないために問いかけること

生徒指導上の問題が起こったとき、僕は自分に問いかけることがあります。

「僕はどうしたいのだろう?」

 

若い先生にもこう問いかけます。

「先生、こんな事件が起きました」

「そうか…。それであなたはどうしたいの?」

 

なぜ、こんな質問をするのでしょうか。

 

結果を受け止めることができない

以前、大きな事件がありました。

若かった僕は、管理職の言われるままに指導を進めていました。

「こんなことがありました。どうしたらいいですか?」

進捗状況を逐一報告し、指示を仰ぎました。

「本当にこれでいいのだろうか?」

そんな疑問を抱えたまま、指導を進めていきました。

 

ところが、どんどん話は悪い方へ進んでいきます。

やがて、僕は毎日のように家庭訪問をし、毎日正座をさせられ罵られ、やがて心が蝕まれていきました。

本当に死にたいと思いました。

「死んでこの苦しさから逃れられるなら、その方がいい」

そう思ったのです。

 

次に現れた感情。

それは、怒りや憎しみでした。

「指示通りに動いたじゃないか?言われた通りにやったじゃないか?」

管理職も先輩も同期の仲間も真剣に僕のこと、そして抱えている問題のことを考えてくださっていました。

今でも良き仲間です。

 

でも、そのとき感じたのは、怒りや憎しみでした。

起こった結果を受け止めることができませんでした。

 

決断し覚悟を決めたから、結果を受け止められる

今思えば、どんなやり方をしても、同じ結果が待っていたのだろうと思います。

いろんな経験をしてきた今の僕でも、同じ結果が待っていたのだろうと思います。

 

それなのに、なぜ結果を受け止めることができなかったのでしょうか。

仲間への怒りや憎しみを感じたのでしょうか。

 

それは、自分で考えることをしなかったからです。

もっと言えば、自分の指導に責任をもつという覚悟を決めていなかったからです。

他人任せにし、指示通りに動いていたからです。

 

「どうしたらいいですか?」

こんな質問ばかりしていました。

 

本当に大切なことは、「自分はこうしたいと思うんですけど、どうですか?」なのです。

やり方は人それぞれです。

そして、学校で起こる事件の中には、どのやり方でも不正解という難問は数多くあります。

 

そんなときも自分で決めた決断ならば、結果を受け止めることが可能です。

 

だから、こう問いかけるのです。

「僕はどうしたいのだろう?」

 

自分で決断したからこそ、結果を受け止めることができます。

生徒指導なんて、うまくいかないことの連続です。

それを受け止めるためには、ちゃんと自分の魂と向き合うことが大事なんですね。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 問題に直面したら「僕はどうしたいのだろう?」と心に問いを立ててみる。

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。