内側から湧き上がったものを信じる。

いじめ 対応

いただいたメッセージ

いつもメッセージ、ありがとうございます。

ここ数日、いただいたメッセージを投稿させていただいております。

 


 

みんな違ってみんないい

教室の空気を整える

なるほどーと思いました。

私は、いじめは犯罪だ!!と、伝えていかなきゃいけない、と主任に言われ、伝えていくことはしなければいけないと思い、教壇の上で話したことがあります。

でも、それを全体に声を大にして伝えたところで、本当に解決になるのか?

自分の中でしっかり府に落ちず、むしろ自分で考えることをせずしなければいけないことだと流れのままに話していたと思います。

その言葉に心がなかったのは事実です。

 

子育てをする中で、叱られる!と思った瞬間に子供は心を閉ざすとすごく感じました。

自分で分かってるからですね。

でも、やってしまう。

だから、本当に子どもが求めてることを感じて、その件とは違う話をしたりしつつ、話して、話します。

上下ではなくて、

横に並んで語るイメージ。

上手く言えないですが、自分が心で感じて正しいと思ったことをやってみようと思います。

これからもメルマガを楽しみにしています。

ありがとうございました(^^)

 


 

今日もありがとうございました。

 

自分らしさ100%!

今、本校では基礎学コンクールといって、朝の10分間で行う朝学習のまとめテストを行っています。

これまでは、その基礎学コンクールで点数が悪いと、やり直しと称して、何度も何度も合格するまでやらされていたそうです。

なんか想像つくでしょ?

 

で、去年、僕は学年主任として「それはやりません」と決めました。

やらされ感たっぷりで、何度も何度もできるまで同じテストを繰り返す。

それが良いとか悪いとか、議論するつもりはありません。

 

ただ、僕のマインドには合わない。

それだけのことです。

 

「できるまでやると力がつくんだ!」という考え方。

それも正解。

「それじゃ、勉強が嫌いになるよ」という考え方。

これも正解。

どっちが正しいとかじゃないんです。

 

ただね、僕のマインドには合わない。

だから、やめました。

転任早々でしたが、魂が「やりたくない」と叫んだから、やりません。

 

そこ、空気を読んだら、「自分らしく」ないのでね。

 

で、今年も勉強のお得意でない子たちは「やり直しテスト」に苦労しているわけです。

 そんな姿を見て、ウチの学年の子どもたちが尋ねてきます。

 

「先生、私たちの学年はああゆうのやりますか?」

「えっ?やりたいの?」

「いや…、やりたくないです」

「で、僕はそういうことをやれって言うと思う?」

「言わないと思います」

「だよね?じゃあ聞かなくてよくない?」

 

自分の魂で志事をするんです。

去年はどう?

他はどう?

大事なのはそこじゃないの。

 

自分はどうしたいのか。

これが大事なんです。

 

いじめ?許すな!

いじめは犯罪だからやっちゃダメなのか?

犯罪じゃなかったら、やっていいのか?

そういうことじゃないんだよね。

 

法律で決まってるから、やっちゃダメなのか?

そういうことじゃないでしょ?

 

法律がどうとか、校則がどうとかじゃなくてね、魂なんです。

 

「オレさ、お前らのやってること、やっぱ受け入れられんわ。

 それ、いじめだろ?

 人、傷つけて喜んでるんだろ?

 そんなの、オレ、好きになれんわ」

 

そうやってストレートに伝える。

こういうこと伝えるのって、勇気がいるらしい。

 

「いじめの指導するときって、どんな話をしたらいいですか?」

って聞かれると、とっても困る。

(あれっ?何も湧き上がってこないの?)って思っちゃう。

 

教育者として、どう在るか。

目の前でいじめが起きてる。

湧き上がるでしょ?

「おい!おい!おい!おい!」ってなるでしょ。

それを届ければいいんです。

 

僕はね、いつもこう考えてるの。

それで、クビになったら仕方ないじゃん!って。

内側から湧き上がってくる言葉をストレートに伝えたい。

それが一番伝わるんだから。

 

 

「先生」って職業だと思ってないの。

生き方だと思ってるの。

 

結局覚悟なんですよね。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

魂で志事をするために、どんなブレーキを外しますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。