子どもに好かれようとしない♪

子どもに嫌われる

先生だって迷うよ、悩むよ

今日もいただいたメッセージをご紹介いたしますね。

 


 

教師をして、初めて子どもたちの言葉ってこんなに「心にグサッ」とくるものなのかを感じました。

 

初任の学校で女の子とうまくいかずそれが男子にも広まり5年・6年と持ちあがれず、前任校でも声を張り上げたり、そして行き過ぎた指導で学校も異動。

そして、現任校でもクラスの女の子のボスに嫌われそれが男子にも広がり静かな学級崩壊。

昔から「なぜこんなに嫌われるんだろう。なぜ、こんなに馬鹿にされるんだろう」「何が他の先生と自分が違うのだろう」といつも考えてました。

結局は20年間、わかりませんでした。

 

学校が変わったら子どもの自分の見方も変わるはずと思っていたのでしたが、何も変わらず同じでした。

小学校の先生は「子どもになめられたらクラスがぐちゃぐちゃになる。」「子どもから信頼された存在でいたい」という思いから、子どもの言葉にいちいち反応したりおさえつけたりすることが多いのかなと思ってしまいます。

 

きっと「いい先生でいたいしそうありたい」と思う人ほど、子どもの言葉に反応しすぎてしまうのだと思います。

正直自分もいい先生と思われたいという思いが、昔も今もあります。

 

でも、子どもは自分から離れていきます。

きっと余裕がないんだろうな思います。

子どもの言葉に「イライラ」してしまうときは、きっと自分自身に「子どものことを考えていないで、自分自身の評価しか考えていないよ」という今の自分の精神状態を教えてくれている気がします。

 

子どもから「先生、何か見ているところが違うよ」と教えてもらっているんだと思います。

 


 

メッセージ、ありがとうございました。

 

いい先生を目指さないの

「いい先生って思われよう」とか「子どもに好かれよう」と思うと苦しくなります。

 

だって、それってね、相手を変えようとする行為なわけです。

「いい先生」って思ってない子に、「いい先生」って思わせようとする。

好いてもいない子どもに、好きにさせようとする。

 

変えられるのは、いつだって自分だけです。

自分以外のだれかを変えようとすると苦しくなるんです。

 

たとえば、子どものころ。

男子が好きな女の子にね、自分のことを好きになってもらおうとがんばるじゃないですか?

そういう感じです。

なかなかうまくいかない。

苦しむ! 

 

そもそも万人が「良い」というものなんてないんです。

「アンチ」もいれば「ファン」もいます。

それでいいんです。

 

魂で志事をする

まず、自分自身がワクワクする志事をしてみる。

これ、すごく大事です。

 

「やらなければならない」という「恐れの選択」。

心から「これをやりたい」という「愛の選択」。

 

「恐れの選択」を子どもたちは敏感に感じ取ります。

それが一番、子どもの心が離れていくところだと思っています。

選ぶのは、いつだって「愛の選択」です。

 

もちろん、それを批判する人もいます。

いて、いいのです。

あなたが批判されているわけではないのです。

批判したい人がいて、その人が批判しているのです。

それ、自分とは無関係です。

 

とにかく魂で志事をします。

ただ目の前の子どもがハッピーになるために志事をするんです。

まず、寄り添って子どもたちとちゃんと心でつながること。

そこがスタートラインかなって思っております。

 

先生らしい言葉よりも、魂からの言葉、本音、本気を届ける。

 「先生らしさ」よりも、大切なのは「自分らしさ」。

 

で、気づいたら「この先生、好きだな」って子、いると思う。

それでいい。

そのくらいでいい。

 

大事なのは、自分の在り方なんです。

 

 

いつだって変えられるのは自分だけ

「学校の先生」を仕事としているわけではなく、「教育者」として、今はたまたま「先生」をやっている。

僕にはそんな感覚があります。

ある意味では、自分の「在り方」そのものに対してはストイックな部分があります。

 

「自分は教育者です」

胸をそう言える生き方がしたい。

そう考えています。

 

自分を磨き、その「在り方」で子どもたちに大切なことを届ける。

そんなイメージでしょうか。

 

子どもたちを「変えること」に意識を向けると、戦ってしまいますね。

一方、自分自身に意識を向けると、磨かれていきますね。

 

いつだって変えられるのは自分だけですから。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

昨日より一歩進むために、今日は何をしますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)   

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。