子どもが学校のことを話してくれない

子ども 話をしてくれない

 

「最近、学校どう?」

 

そんなふうに尋ねても、返ってくる言葉といえば

 

「別に」

「普通」

 

「ビミョー」

 

「まあまあ」

 

だから、思う。

「子どもがなかなか学校のことを話してくれない」って。

 

でもね、

 

「最近どうなの?家事の方は」

 

なんて聞かれたら、いかがですか?

 

 日常のことって、だいたい「普通」じゃない?

僕だってそう。

 

「最近どうなの?仕事は」

 

なんて聞かれてもね。

出てくる言葉なんてせいぜい「忙しい」か「暇」ぐらい。

 

「最近の保護者はあれでしょ?モンスターペアレンツとかいるんじゃない?」

 

そんなふうに興味本位で聞かれる。

でも、「別に」としか答えようがありません。

たとえいたとしても、わざわざ話そうとは思いません。

興味本位で聞かれるのと、本当に困ってて聞かれるのって、全然違います。

 

つまりね、

「知りたい」という尋ねる側の欲求を満たすための問いかけは、答える側にとっては億劫なことが多いのです。

 

子どものころ、いかがでしたか?

根ほり葉ほり質問されて、うれしかったですか?

 

「話を聞いてもらえること」と、「話したくもないのにあれこれ聞かれること」は違いますよね。

 

 

だからね、

 会話は他愛もないのがいいんですよ。

どーでもいい話、しょーもない話。

それが大事なの。

 

いろいろ心配な気持ち。

よ〜くわかります。

知りたいから尋ねる。

でも、子どもは話してくれないから、モヤモヤする。

 

ほら、

結局その気持ちを選んでいるのは、自分なんですよ。

モヤモヤすること、初めからわかっていたでしょう?

 

ホントはね、

おいしいおやつでも一緒に食べながら、他愛もない話をするのがいいの。

他愛もない会話。

そういう会話ができる関係性が大事なのね。

 

関係性さえ整っていれば、困ったときに「困っている」と言えるんです。

そういうことがね、本当に大切なのです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

 他愛もない会話を楽しんだ方が、困ったときに「困っている」と言いやすい。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。