「愛のムチ」の時代は終わった

愛の鞭 子育て 虐待

ある女の子に出会いました。

その子はクラス合唱の伴奏者でした。

 

難しい曲だったんですね。

でもでも、本当によく練習してきました。

 

本番まで1ヵ月。

途中間違えることはあるけれど、僕の経験で言えば、本番までには心配なく演奏できるペースです。

 

「いいね〜」

「大丈夫!大丈夫!」

 

そんな声をかけていたんですね。

でも、彼女は浮かぬ顔。

 

「私は下手です」

「こんな演奏じゃダメです」

 

そんなことばかり口にするんです。

 

それである日、涙ながらに言うのです。

彼女はピアノ教室に通っていました。

それでね、ピアノの先生からこんな言葉ばかりをかけられる。

 

「なんでこんなことも弾けないの?」

「下手くそ」

「練習してきたの?」

 

もうね、彼女は心が折れてしまった。

 

でもね、わかるの。

そのピアノの先生だって、そうやって育てられてきたんだよね。

 

スポーツの世界でも音楽の世界でもあるの。

いや、大人が子どもたちに関わるとき、そんな経験をしてきているんですよね。

 

「愛のムチ」

 

それ、もうね、負の連鎖だなって思う。

 

児童虐待の現場に関わることがある。

その親もまた、同じような子育てをされていたりする。

 

 

子どもとの関係性について、僕らはもっと真剣に向き合なきゃいけないなって思います。

 

「愛のムチ」

 

そんなものはもういらない世界が始まっているんだよ。

 

罵れば弾けるようになるのでしょうか?

厳しく指導すれば上手くなるのでしょうか?

 

そのムチは、自己満足のムチなのです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

握ったムチを手放して、この子の手をそっと握ろう。

 
くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。