「愛のムチ」の時代は終わった

愛の鞭 子育て 虐待

ある女の子に出会いました。

その子はクラス合唱の伴奏者でした。

 

難しい曲だったんですね。

でもでも、本当によく練習してきました。

 

本番まで1ヵ月。

途中間違えることはあるけれど、僕の経験で言えば、本番までには心配なく演奏できるペースです。

 

「いいね〜」

「大丈夫!大丈夫!」

 

そんな声をかけていたんですね。

でも、彼女は浮かぬ顔。

 

「私は下手です」

「こんな演奏じゃダメです」

 

そんなことばかり口にするんです。

 

それである日、涙ながらに言うのです。

彼女はピアノ教室に通っていました。

それでね、ピアノの先生からこんな言葉ばかりをかけられる。

 

「なんでこんなことも弾けないの?」

「下手くそ」

「練習してきたの?」

 

もうね、彼女は心が折れてしまった。

 

でもね、わかるの。

そのピアノの先生だって、そうやって育てられてきたんだよね。

 

スポーツの世界でも音楽の世界でもあるの。

いや、大人が子どもたちに関わるとき、そんな経験をしてきているんですよね。

 

「愛のムチ」

 

それ、もうね、負の連鎖だなって思う。

 

児童虐待の現場に関わることがある。

その親もまた、同じような子育てをされていたりする。

 

 

子どもとの関係性について、僕らはもっと真剣に向き合なきゃいけないなって思います。

 

「愛のムチ」

 

そんなものはもういらない世界が始まっているんだよ。

 

罵れば弾けるようになるのでしょうか?

厳しく指導すれば上手くなるのでしょうか?

 

そのムチは、自己満足のムチなのです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

握ったムチを手放して、この子の手をそっと握ろう。

 
くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。