自分ができないことを要求してない?

学校の先生 服装 ジャージ

人は見た目が9割。

第一印象で8割決まる。

そんな話をよく聞きます。

 

 

それなのに。

 

 

それなのに。

 

 

学校の先生って、

なんでジャージなんだろう…。

 

僕も「そういうもんだ」と思って

20代は

「ジャージの先生」

でした。

 

 

でもでも、

 

30代になって。

やっぱ社会人として。

職場でジャージってどうよ?

 

 

と思いまして。

ここ数年、

きちんとした身なりで過ごしております。

 

 

学校の先生専用のSNSがありまして。

そこにこんな「質問」があったんです。

 

「初任者なのですが、初めての出勤ってどんな服装で行ったらいいですか?ジャージでもいいですか?」

 

 

社会人1年生よ…、スーツで行きなさい。

迷わずスーツで行きなさい。

 

 

学校の先生はジャージという文化…。

学校の先生はジャージという固定観念…。

 

まあ…、個人の自由ですが。

 

 

学校現場で働いていると、だんだん常識が「学校の先生化」してくるんですね。

で、ジャージは大量にもっているけど、スーツは既製品の体のサイズに合わないのを着ている人って実に多い。

 

 

子どもには、「きちんとした服装をしなさい」とか言うくせに、自分は「楽だから」とジャージで過ごす。

そういう意識って、ちょっと理解できないんです。

 

 

子どもに要求することは、先生は当然できてなきゃいけないよねってのが僕の考え。

自分ができてないこと、

子どもに言えないじゃん!

「お前が言うな!」って子どもたちにツッコまれちゃうもん。

 

 

子どもたちに「きちんとした服装で過ごしなさい」と言うんだから、僕もきちんとした服装で過ごすのね。

それ、普通じゃない?

 

 

自分の背中で見せる。

自分の振る舞いで見せる。

自分の在り方で見せる。

 

 

そういうことが重要だと思うんだ。

 

 

茶髪の先生が、茶髪の子の指導はできないよ。

ピアス開けてる先生が、ピアス開けてきた子どもの指導はできないよ。

ジャージ来て、シャツ出してる先生が、服装指導なんてできないよ。

 

「校舎の中ではマフラーを取りなさ〜い!」と言ってる先生の首元にネックウオーマー。

ちょっと笑えるわ。

 

出張のときと授業参観のときだけスーツの先生に、「受験のときだけじゃダメだ!日ごろから服装をちゃんとしなきゃダメだ」なんて言われたくないのだよ。

 

で、そんなことを言うと「先生だからいいんだ」なんて反論が返ってくる。

 

 

大事なことは子どもの気持ちだよ。

「先生」って座に胡座をかいてないですか?

 

eラーニングがもっと進化してタブレットが全児童生徒配布になったら、ホントに淘汰されちゃうよ。

 

子どもの気持ちがわからなくても先生やれるなら、それこそ人工知能に取って変わられちゃうんだから。

 

 

 

「この人の言うことなら素直に耳を傾けよう」って思ってもらえるかどうか。

ここが大事なんだ。

 

 

僕はプロの教育者でありたいと思っている。

帽子を被らないプロ野球選手はいない。

ジャージの寿司職人はいない。

 

それぞれの職業には、それにふさわしい身だしなみがあると思うんだよね。

 

 

そして、たぶんジャージの先生だらけだから。

これはチャンスなのだ!

一度ちゃ〜んとしてみるといい。

まず、何が変わるか。

 

保護者の目が変わる。

子どもの目が変わる。

 

あるとき、保護者に言われたんですよね。

「先生は、いつもちゃんとされてますね」って。

 

「先生は」が重要ね。

 

ってことはさ、逆に言うとだよ。

「他の先生はちゃんとしてない」

って思われてるわけね。

 

 

こうやって言ってくださる保護者って貴重。

わざわざ言ってくださるということはですね…。

わざわざ口にはしていないけれど、心ではそう感じている保護者はもっといるわけさ。

 

 

まあ、ジャージならともかく…。

 

子どもの私服みたいな服。

ヤンキーみたいな服。

アクセサリーじゃらじゃら。

 

ちょっとその感覚がわからない。

プロにはプロの身だしなみがあると思うのですが…。

これはもう、意識の問題なんだろうけど。

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

どんな姿を子どもに見せますか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。