声かけ一つで、ちゃんとつながれるんだよね。

子どもにも相手にもリクエストはきちんと伝える

ついつい子どもが叱りたくなるあなたへ

 

人間には好きで得意なこともあります。

もちろん、嫌いで苦手なこともあります。

人それぞれです。

 

 

自分ができることは、他人もできるもの、と勘違いしがちです。

ですから、ついつい「なんでできないの?」と思ってしまいます。

 

 

あなたに苦手なことがあるように、この子にも苦手なことがあるのです。

 

 

「何度言ったらわかるの?」と思うけれど。

たぶん、何度言ってもわからないのです。

 

 

ついつい叱りたくなる。

その気持ち、よくわかります。

 

 

でもね、怒りをぶつけちゃう前に一呼吸。

ちょっと立ち止まってみてください。

 

 

なぜかって?

「怒り」をぶつけても、人は変わらないから。

 

 

そうそう。

変えられるのは自分だけですよ。

 

 

伝えなければ伝わらない

 

「家族が◯◯をしてくれない」

「学校が◯◯をしてくれない」

そんな相談をよくいただきます。

 

 

それで、よくよく話を聞いていくんですね。

すると、おもしろいことがわかります。

 

 

「その要望、伝えましたか?」

「相手は、あなたの◯◯してほしいという要求を知っていますか?」

 

 

すると、口を揃えて、こう言うわけです。

 

 

「伝えていませんでした」

 

 

「◯◯してほしい」と思っているのに、それを伝えていない。

ですから、相手は知らないわけです。

 

「言わなくてもわかってくれるだろう」という気持ちがあります。

わかってもらえていないと、不満を感じます。

 

 

でもね、伝えなければ伝わらない。

これって、当たり前と言えば当たり前のこと。

 

 

どうやら「リクエストする」ということが苦手な方は多いようなのです。

 

 

言葉がけひとつで、人間関係は整う

 

帰宅後の子どもたちは遊んでばかり。

ついつい叱りたくなります。

 

 

「宿題やったの?」

「明日の準備したの?」

「なんでやってないの?」

 

 

ついつい、言葉が刺々しくなります。

こういうときこそ、自分のリクエストを明確にしてみてほしいのです。

 

 

宿題をやらせたい自分。

明日の準備を今日中にさせたい自分。

そんな「自分」の存在をまず認める。

 

 

そのうえで、リクエストを伝えてみる。

「どうして宿題をやってほしいのか」を伝えてみる。

そう意識するだけで、言葉の棘はずいぶん丸くなります。

 

 

教室でも同じです。

「◯◯しなさい」を「◯◯してほしい」に変えるだけで、子どもたちとの関係はずいぶん整います。

指示や命令をリクエストに変えてみる。

 

 

ちょっと意識してみてくださいね。

 

 

変えられるのは自分だけです。

子どもが自発的に変わる気にならない限り、変わらないわけですね。

だからこそ、言葉がけは丁寧さが必要なわけです。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

あなたがリクエストしたいことは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。