自分軸と他人軸

自分軸を大切にして生きているか

赤ちゃんは、

自分の気持ちに正直だ。

 

 

心地よければニコニコし、

不愉快ならば泣く。

 

 

 

(今はママが忙しそうだから、泣くのはやめよう」とは思わないし、

(ママが暗い顔をしているから、無理して笑おう)とも思わない。

 

 

自分の気持ちに正直だ。

 

 

幼児はとてもシンプルに自分の「やりたいこと」を表現できる。

もちろんケンカになることもある。

自分の思いを率直に表現してしまうので仕方がない。

 

 

ときに無謀な挑戦をすることもある。

大人から見れば、それは無謀な挑戦に見える。

だが、彼らはいたって真面目だ。

 

 

子どもたちは。シンプル思考である。

そこに他人軸がない。

「自分がどうしたいか」に従って生きている。

 

 

成長するにつれ、自分を取り巻く環境によって植え付けられた「こうでなければならない」に縛られて行動を選ぶことになっていく。

この行動の制限は、そのまま思考の制限となり、僕らの可能性を制限してしまう。

 

 

自分の人生を楽しむならば、可能性に制限をかけてはいけない。

ならば、どうするか。

 

 

子どもの頃に僕らがもっていた、シンプル思考を取り戻すことである。

 

 

僕らは自分が「どうしたいか」「どうありたいか」という自分軸で生きていた。

大人になるにつれ、「こうでなければならない」が増えた。

世間ではそれを「常識」と呼んでいる。

これに従うのが「他人軸」だ。

 

 

「自分がどう思うか」に従うのが「自分軸」で、「他人がどう思うか」に従うのが「他人軸」と考えればわかりやすいだろうか。

 

 

大人はどうも、「他者がどう思うか」を気にし過ぎる傾向がある。

評価や比較の中で生きるのは、おもしろいものではない。

だから、他人軸で生きると苦しくなる。

 

 

それは考えて見れば。当たり前のことだ。

 

 

だれだって「自分軸」がある。

だが、「他人軸」に従って行動しようとする。

これがいわゆる「無理をする」という状態だ。

「がんばる」と表現してもいい。

 

 

「学校に行きたくない」という自分軸と、

「学校に行かなければならない」という他人軸。

 

 

「無理をして学校に行く」

「がんばって学校に行く」

これが苦しい理由はもはや説明不要だろう。

 

 

シンプル思考は、自分軸で考える思考だ。

「自分がどうしたいのか」

これが大切なのだ。

 

 

自分軸で行動を選ぶと、僕らは無理をしたり、がんばったりもしない。

無理をして学校を休む子も、がんばって学校を休む子もいないわけだ。

 

 

それが自然である。

自分軸で生きるのは心地いい。

生きることに苦悩している赤ちゃんはいないのだ。

 

 

 

創造的な人生を生きるためのしつもん

自分軸を大切に生きているだろうか?

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。