家族がいるから「やりたいこと」ができないあなたへ

どんな怖さを感じますか?

「家族がいるから仕事を辞められません」と言う人がいる。

「家族がいるからやりたいことがやれません」と言う人がいる。

 

 

そんな家族とは今すぐ別れた方がいい。

だって、家族の方がかわいそうだ。

 

 

苦しい仕事を続けるのも、やりたいことを我慢するのも家族のせい。

そんなもの、押し付けられたら、家族がかわいそうだよ。

 

 

その人生を選んでいるのはあなただ。

その行動も、その感情も、選んでいるのはあなただ。

 

 

たぶん、ここまで読んでモヤモヤした気持ちを内側に感じたならば、もうあなたは本当の気持ちがわかっているはずなんだ。

わざと、そういう風に書いたからね。

 

 

家族のせいじゃない。

子どものせいじゃない。

 

 

辛いことを我慢するのも、

やりたいことをやらないのも、

あなたがそれを選んでいるからだ。

 

 

「やりたいこと」がやれないのは、

「やりたいこと」をやる人生を自分が選ばないからなんだ。

 

 

本当に好きで今の状態を選んでる人はね、こんな文章を読んだってモヤモヤしないよ。

何も感じてないはずなんだ。

 

 

もしも、あなたがモヤモヤを感じたならば、その気持ちを大切にした方がいい。

 

 

 

 

僕だってそうだ。

2年前、ライフトラベラーとして世界中を飛び回るマツダミヒロさんを見て、むちゃくちゃうらやましかったんだよ。

 

 

こちとら毎朝同じ時間に出勤し、チャイムに合わせて行動し、日が暮れるまで働いて、家と職場を往復するだけの毎日。

週末のスーパー銭湯と晩酌が唯一の楽しみだった。

 

 

「ライフプリズナーですから」って自分で自分を卑下してたよ。

「人生の囚人」って意味ね。

 

 

脱出不可能な監獄だと思ったもん。

だって、家族がいるんだよ。

「やりたいこと」なんてやれないじゃん?

 

 

僕には家族がいる。

妻がいて、幼い子どもたちがいる。

だから、自由になんてできないよね?

 

 

家族がいるから、辛い仕事を我慢しなきゃならない。

家族がいるから、やりたいことも我慢しなきゃならない。

 

 

そう考えていた。

 

 

でも、それって、子どもたちにも妻にも失礼な話だよ。

「お前らは足枷だ!」って言ってるようなものだろう?

 

 

違う違う!

自分で選んでるんだよ。

その人生を選んでるのはオレだ!

 

 

そう気づいたから、僕は「僕の人生」を選ぶことにしたんだ。

創造的に人生を生きたいと思った。

 

 

活路を見い出す生き方さ。

何の保証もないけれど、限りなく自由だ。

 

 

けれど、それってとっても怖いこと。

公務員時代はお金と向き合うことなんてなかったもん。

今はいつもお金について考えてる。(笑)

生きていかなきゃいけないからね。

 

 

でも、忘れないでほしい。

自由と恐怖は表裏一体だ。

毎日が冒険だよ。

 

 

僕は2年前から毎日ブログを書き、毎日メルマガを配信し続けている。

そこから生まれたご縁でお仕事をしている。

 

 

自分の人生を選ぶ。

選んだら圧倒的に行動する。

 

 

できるんだよ、できる。

選べばできるんだ。

 

 

創造的な人生を生きるためのしつもん

どんな怖さを感じますか?

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。