最後に感謝できたら、この1年は輝く。

卒業式の女の子

 

「幸せになりたい」

という人は多い。

 

 

でも、

「幸せにしたい」

という人は少ない。

 

 

「もっと愛されたい」

と願う人は多い。

 

 

でも、

「もっと愛したい」

と願う人は少ない。

 

 

受け取るばかりに一生懸命になると、

受け取れない自分にフォーカスしてしまう。

 

 

「あれが足りない」

「これも足りない」

という悪循環の中でもがくことになる。

 

 

「旦那が家事を手伝ってくれない」

「子どもが言うことを聞かない」

となる。

 

 

それは苦しい。

 

 

だから、

目の前の人を幸せにしてみよう。

目の前の人を愛してみよう。

 

 

 

与えれば与えるほど、

感謝があふれてくる。

今、目の前にあるものにフォーカスできる。

 

 

気がつけば、

たくさんのものを受け取っていることに気づく。

 

 

教室が感謝にあふれるのはそんなときだ。

 

 

「あの先生は何もしてくれない」

「あの子たちは何もしてくれない」

 

 

受け取ることばかりに一生懸命の教室は息苦しい。

 

 

「先生からたくさんのものを受け取った」

「子どもたちからたくさんのものを受け取った」

 

 

そんなときは、教室に感謝があふれ、自然と涙がこぼれる。

 

 

大切なことは、スキルや経験ではなく、在り方。

心の置きどころ。

ものの見方や考え方。

 

 

そんなところだと思うのだ。

 

 

まもなく、子どもたちとの航海が終わる。

どんな別れが待っているだろう?

 

 

限られた時間の中で、感謝を届けてみよう。

この世界は鏡でできている。

 

 

愛すれば愛される。

大切にすれば大切にされる。

 

 

とてもシンプルなのだ。

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

感謝を届けるために、できることは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。