子ども同士のトラブルに介入したい!

母親と子どもがデジカメを眺めている写真

子ども同士のトラブルで、子どもも多分相手ももう解決しているのに、自分が納得できないことがあり、その事を相手に伝えるべきか迷い答えがでなくてもやもやしていることがあります。

伝えてもいいですか?

 

僕は部屋の片付けができない。

だから、いつもグチャグチャだった。

 

 

ときおり、

気がつくと母親が部屋を片付けてくれた。

 

 

でも、それ。

そんなに嬉しくなかった。

 

 

グチャグチャの状態が、

僕にはちょうど良かったからだ。

 

 

案外、そういうことってあるのかもしれない。

 

 

我が家のキッチンはいつもグチャグチャ。

見るに見かねて、僕は洗い物をする。

 

 

すると、妻が言う。

「私は私のペースでやっている」と。

 

 

それで数日、ほっておく。

すると、数日分溜まっていく。

コバエがわく。

 

 

それでもそれは、

きっと彼女のペースなのだろう。

 

 

 

求められてないことをする。

大人にはそういうところがある。

 

 

 

良かれを思って、

子どものために何かをする。

 

 

ところが、子どもはそれを求めていなかったりする。

 

 

そういうことを、お節介と言う。 

 

 

もう一度書いておこう。

 

 

 

お節介!

 

 

 

 

 

 

 

お節介!!

 

 

 

 

僕が「仕事を辞める」と言うと、

一斉に「そんなの無理!」と言われた。

 

 

僕はそれが嫌で、

仕事の話をしなかった。

 

 

それなのに、

根掘り葉ほり聞かれた。

 

 

それで渋々話をすると、

やっぱり一斉に

「そんなの無理!」と言われた。

 

 

 

求められてないことをする。

大人にはそういうところがある。

 

 

 

良かれを思って、

子どものために何かをする。

 

 

ところが、子どもはそれを求めていなかったりする。

 

 

そういうことを、大きなお世話!と言う。 

 

 

 

もう一度書いておこう。

 

 

 

大きなお世話!

 

 

 

大きなお世話じゃ

ボケ!!

 

 

 

美味しい毛ガニが手に入っても、

蟹アレルギーの人に贈ってはいけない。

 

 

求められたことを求められた分だけ届ける。

それぐらいでちょうど良い。

 

 

大切なことは白黒をハッキリさせることじゃない。

子どもの中で解決しているならば、大人の出る幕などないと僕は思う。

 

 

 

子育てに迷ったときに出会いたい100のしつもん

それ、子どもは求めてますか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。