大切なのはレシピじゃないぜ!

男の子と女の子が夕日をバックに手をつなぐ写真

家に帰ってきても、

子どもが学校のことを話したがらないと、

僕ら大人はついつい心配になります。

 

 

でも、大丈夫!

単純な話です。

あなたには話したくない。

ただそれだけのことなのです。

 

 

教室でひとりで過ごす子を見ると、

僕ら大人はついつい心配になります。

 

 

でも、大丈夫!

単純な話です。

この子はひとりでいたいだけ。

ただそれだけのことなのです。

 

 

話さないから心配とか、

ひとりでいるから心配とか、

そういうことではないのです。

 

 

よくよく、

その子の表情を見てみましょう。

 

 

そこに答えがあるのです。 

 

 

先日、料理教室の撮影に行ってきました。

先生はこうおっしゃいました。

 

「レシピ通りに作れば、美味しく作れるわけじゃありません。

その日の食材や湿度、気温によって分量なんて変わるんですね」

 

 

なるほどな、って思いました。

 

 

僕ら大人はステレオタイプにまとめるのが大好きです。

How toが大好きです。

だから、教育書やら育児書に書かれていることを鵜呑みにします。

 

 

大人ってマニュアル人間なんです。

だから、「こうなったら、どうしたらいいですか?」「ああなったら、どうしたらいいですか?」そんな質問ばかりが寄せられます。

 

 

でもね、目の前に子どもがいるでしょう?

よく見つめてあげてください。

よく感じてあげてください。

 

 

あなたの目の前にいる子どもは生き物です。

この子を育てるレシピなんてないさ。

レシピ通りに育てたら、同じ子が育つと思う? 

 

 

まして、昨日と同じ方法が今日も通じるとは限らない。

だって人間だもの♡

 

 

だから、「今ここ」を感じてあげてほしいのです。

 

 

「子どもに寄り添わなければダメですか?」というご質問をいただきました。

さあ、どうでしょう?

その質問をしている時点で、あなたは既に「寄り添いたくない」のでしょう?

だったら、そうすればいいじゃない?

 

 

僕の同意なんて必要ないでしょう?

正解をすぐに求めたがる。

それもまた、大人の悪い癖ですね。

 

 

昭和に生まれた僕たちは、親世代から「正解」に沿ったしつけをされてきました。

でもね、もうすぐ平成の世が終わるんです。

そりゃ、変わるよね。

 

 

目の前の子をもっと感じてみようよ。

100人いたら100通り、1000人いたら1000通りの子育てがあるんだよ。

ひとりひとり、みんな違うんだもん。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

 今日はどんな表情をしていましたか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。