死ぬほど辛い思いをしてまで行くべき場所はあるのかい?

子どもの叫び

いじめを苦に自殺をする子どもがいる。

すると、一斉に学校や担任の先生を叩く。

そんなネット上のやりとりを何度となく見てきた。 

 

 

そんなとき、いつも思うことがある。

保護者である親は、どうしていたのだろう?

そればかりが気になった。

 

 

「家ではそんな素ぶりを見せなかった」

決まってそんなインタビュー記事を見た。

 

 

そうか。

じゃあ、学校だな。

悪いのは学校だな。

そう、世間は結論づける。

 

 

学校は言い訳しない。

いつも受け入れるだけ。

だから、攻撃の矢面に立つ。

 

 

僕はいつもいつも不思議だった。

そんなに悩んでいる子どもが、家では平静を装っていられるってことを。

 

 

 

そしたら、児童心理の専門家が、

「子どもは親に心配をかけないために家庭ではそういう素ぶりを見せない」

と語っていた。

 

 

僕はまた、不思議だなぁ…と思った。

親に心配をかけまいと思った子どもが、思いっきり「親不孝な形」で死を選ぶんだなぁ…って。

 

 

やっぱ、僕にはよく分からない。

そういうものなのだろうか?

 

 

 

一人の親として思う。

3人の子どもの親として思う。

 

 

僕にホントのことを言えずに平静を装い、

黙って死を選ぶ。

そっちの方が悲しいよな…って。

 

 

こういった事件のとき、親を責めるようなメディアはない。

叩きやすい相手を叩けばいい。

それが正解だ。

 

僕は子どもの些細な変化に気づける親でいたい。

子どもがたとえ平静を装ったとしても、それすら見抜ける親でいたい。

その点が過保護でいたいのだ。

 

 

ヤツらの成績なんぞ、どうだっていい。

宿題なんかやってなくたって構わない。

どうでもいいんだよ、そんなこと。

 

 

でもさ、生きることに疲れたら、遠慮なく相談できる関係性でありたい。

学校なんて行かなくてもいい。

 

 

言っとくけど、学校行って死んだ奴はいるけど、学校に行かなくて死んだ奴はいない。

死ぬほど辛い思いをしてまで、行くほどの場所じゃないんだ。

いや、死ぬほど辛い思いをしてまで行くべき場所は世界中探したって、どこにもないのさ。

 

 

指示もアドバイスもいらない。

お前たちがやりたいことを、お前たちのやれる範囲でやればいい。

僕はいつもそんなことを考えている。

 

 

生きてるだけで100点満点の存在だから。

あなたはあなたであるだけで素晴らしいんだよ。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

 どんな存在ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。