できる範囲で十分じゃないですか!

子どもと飛行機

 

PLCに入ってから 私の心が少し落ちつき、前よりも子供に対してイライラが、少なくなりました。

今回の旅行の飛行機で、次男に対して前なら「静かにしなさーい」とすぐに怒っていましたが、少し様子を見てから、何回かは「静かにね」と声はかけましたが、怒りはしませんでした。

 

着陸が、怖くて、少しパニック気味で、元々声がでかいのもあります。

飛行機降りるときに、後ろのおじさんが、めっちゃくちゃ私の顔をみて、にらんで、怒って降りて行きました。

 

やっぱり叱るべきだったのかな?

くれちゃんなら、どうしますか?

 

我が家の子どもたちは、飛行機にムッチャおとなしく乗るのね。

「なんで?」って言ったらさ、乗り慣れてるから。

いっぱい海外を旅してきたからさ。

今さら、飛行機でテンション上がらない。

 

 

でもさ、初めての飛行機はテンション上がるよな。

初めてじゃなくたって、飛行機なんて人生でそうそう乗るもんじゃないし、上がるよな。

上がる!

絶対、上がる!

 

 

だから、仕方ないって。

「静かにね」って声をかけた。

それで十分じゃん。

 

 

後ろのおじさんはイライラしたんだな。

でも、それ、おじさんがそう感じただけじゃん。

気にしても仕方がないよね。

 

 

「知らないおじさんのご機嫌」と「我が子との関係性」。

どっちが大事よ?って話なわけ。

 

 

もちろん、騒いでる子どもをほっとくってのは違うよね。

でもさ、「静かにしようね」って声かけたんでしょ?

それでよくないかい?

 

 

できる範囲がパーフェクトだよ。

本当に迷惑なら客室乗務員さんに声かけられるさ。

 

 

たとえばさ、発達に凸凹のある子っているじゃん?

そういう子がさ、人間らしい文化的な生活が送れなくなっちゃうわけじゃん。

窮屈な社会、不寛容な社会はつまんないよね。

 

 

だいたい、飛行機なんてイヤフォンしちゃえば気にならないし。

この国はやたら子育て世代に厳しい視線を投げかける国なんだよな。

 

 

その点、中国行ったら、国民みんなで子ども育ててる感がハンパないよ。

ベビーカーで満員電車乗ったらさ、入口付近の人たちが降りて乗せてくれるんだもん。

降りた人たちは次の電車に乗るの。

 

 

すごくない?

反日感情がどうのこうの言ってるけどさ。

我が家は子ども3人でどう見ても日本人なわけ。

それでも、彼らはムッチャ温かかったね。

 

 

そういうところ、日本人の満たされていない部分を感じるんだよな。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

同じ出来事に遭遇したお母さんに、どんな言葉をかけますか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。