子どものせいで「やりたいこと」がやれません

犬と少女

僕の講座って、子連れで参加もありなのね。

それで、たくさんのお母さんが参加してくれるの。

 

 

この前ね、妊婦さんのお母さんが参加してくれたのよ。

でね、もう一人、お子さんを連れていたの。

 

 

でね、子どもがグズるわけ。

「ママーっ!ママーっ!」ってね、「こっち見て行動」を取るわけ。

 

子どもの「こっち見て行動」が教えてくれること。

 

もちろん、講座中。

僕の講座はワークが中心だからね。

お母さんが子どもにつきっきりになるとペアの人はワークができなくなる。

 

 

それでね、そのお母さん、どうするかな〜?って思ったの。

そしたらね、お母さんは子どものところにス〜〜っと行って抱っこしたの。

大きくなったお腹の上に幼児が乗っかる感じね。

 

 

母親ってホントすごいよね。

僕はそれを見て、うれしい気持ちになった。

 

 

でね、僕は代わりにペアワークに入ったの。

うん、一瞬の出来事だよね。

 

 

今日はね、この話をもう少ししようと思う。

 

 

子どもの発熱でキャンセル

昨日の講座ね、お子さんの発熱でおひとり、キャンセルがあったんだ。

ここで間違えちゃいけないのはさ、「子どもが熱を出したからキャンセルをした」と思わないでほしいってことね。

 

 

えっ?

「子どもの熱が理由でしょ?」って思うよね。

 

 

そうじゃないんだよ。

「子どものせい」って考えることがさ、「環境の奴隷」なんだ。

 

「環境の奴隷」とは

 

自分の選択に対して、「誰かのせい」「何かのせい」っていう考え方が、人間を奴隷にさせるの。

 

 

子どもが熱を出すじゃん?

でもね、キャンセルをすることを選んだのは、あなたなわけ。

 

 

「子どもの発熱」は環境ね。

そこから何を選ぶかは、あなたに委ねられてるわけ。

これ、ポイントね。

 

 

たとえばさ、自分の親が危篤状態なわけ。

今すぐ家を出て、向かわなきゃいけないのね。

そんなとき、子どもが発熱!

 

 

さあ、どうする?

無理してでも行かない?

連れて歩けないほどの熱だとしても、必死になって看病してくれる人を探すと思うんだ。

 

 

つまりね、「子どもが発熱した」って「事実」に対して、「行く・行かない」を選択してるのは自分ってことなの。

 

 

言っとくけど、キャンセルしたことを恨んで書いてるわけじゃないよ(笑)

「子どもが熱なので家で一人で寝ています。今日は講座に来ました」とか言われたら、あたしゃ追い返しますよ♡

 

 

大切なことはね、それを「子どものせい」って考えないでほしいってことなの。

お母さんたち、我慢すること多いよね。

子どものことで我慢させられることって多い。

 

 

でもね、少しだけ考え方を変えてくれたら楽になれると思うんだ。

 

 

子どもにこんな言葉をぶつけるお母さんがいるのね。

「あなたのせい、私は好きなことができない」って。

 

 

子どもの気持ちで考えてみてよ。

「あ〜、私のせいでお母さんは幸せじゃないんだなぁ」って思うわけでしょ?

それって、互いにとってとても不幸なことよね。

 

 

自分の存在が、大好きなお母さんの幸せを阻んでいるんだもん。

存在を否定されちゃうわけだ。

 

 

でもね、子どもが甘えるのは普通のことだし、子どもが小さいうちは熱だって出すものでしょう?

それ、子どもの問題じゃありませんから。

「それを問題にしているのはだれですか?」って話なわけね。

 

 

だから、忘れないで。

僕らは自分の行動と感情を選択できるの。

この世界からの刺激に反応する「環境の奴隷」ではなく、自らの意思で選択して生きることができるの。

 

 

だから、今起きている現実の責任は100%自分にある。

自分が繰り返してきた無数の選択の結果が「今ここ」よね。

 

 

目に見える事象は同じ。

「子どもの発熱でキャンセルした」だよね。

 

 

でも、本当は異なるの。

「子どものせいで行けなかった」と考えるか、「子どもが熱なので、行かないことを選んだ」と考えるかでは、全然人生に対する「在り方」が変わるわけね。

 

 

「あなたのせいで行けないじゃない!」というエネルギーで子どもと接するのか。

それとも、「お母さん、いっしょにいてあげるね」ってエネルギーで子どもと接するのかで、全然子どもに届くエネルギーは違うわけよ。

 

主体的に生きるってそういうことよ。

 

 

ほら、最初に書いた妊婦のお母さんね。

ニコニコと子どもを抱きしめたの。

その姿が本当に美しかった。

 

 

もちろん、お母さんだってワークをやりたいよね。

でも、グズる子どもを見て、子どもに寄り添うことを決めたの。

そう、自分で選択したの。

 

 

自分で選んだからこそ、とてもいいエネルギーが流れていた。

そうすると、子どもは満たされるよね。

 

 

子どもはね、大人が「環境」を用意してあげないと自分を満たすことができないの。

でも、大人は「環境」に反応せず、自分を満たすことができる。

だれかのせいにしちゃう「環境の奴隷」はね、大人に成長できていないことを表現しているに過ぎないんだよ。

 

 

 

いつもいつも問いかける「しつもん」があるの。

最後にこれを贈るから、自問自答してほしいなぁ。

自分と向き合うことが、幸せにつながる一歩だからさ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 それを選んでいるのはだれですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。