子どもを元気いっぱいにする方法

ママ 非常事態

僕らは社会的存在です。

人との関わりの中で生きています。

 

 

僕らを人間たらしめるのは、周囲の人との関わりなのです。

ですから、誰かに喜びを与えることに、大きな喜びを感じます。

 

 

仕事に「やりがい」を感じるのは、たくさんの収入を得られるからではありません。

自分の活動が「誰かを幸せにしている」という実感が、僕らに幸福感を与えてくれるのです。

 

 

これは、子どもにも当てはまります。

子どもと一緒に喜び楽しむこと。

それを親自身の喜びにしてみる。

これほど子どもにとってうれしいことはありません。

 

 

子どもは自分が好きなことを、親も好きになってくれることをとても喜びます

子どもが好むことを親も喜んでいっしょにやってみる。

それは、子どもの心に大きな喜びと自信を育みます。

 

 

僕は子どもたちとよくテレビゲームをやります。

妻は嫌な顔をするわけですがね。

子どもたちは喜びます。

 

 

親の中には、ゲームを買い与えておきながら、「悪の元凶」のような扱い方をされる方もいます。

あなたの好きな芸能人を「私はあの人嫌い!」と言われたら、どんな気持ちになるでしょうか。

少し想像力を働かせれば気づくことだと思います。

 

 

さて、僕らはついつい子どもの弱点や欠点に目を向けがちです。

努力や改善を美徳と感じ、躾や教育をもってして、子どもを変えようとします。

「根っこ」が育つ前にそれをしてしまうと、どうなるでしょうか。

 

 

「あなたはあなたのままではいけないのよ」

 

 

そんなメッセージとなって、子どもに伝わるのです。

これは子どもたちの自尊感情を大きく損なわせます。

 

 

僕が教室でやっていたことなんて、とてもシンプルです。

子どもたちの「うまくいってること」「できてること」を羅列して、「お前、マジですげ〜な」「俺は尊敬するね」って言ってただけです。

 

 

「あなたはあなたのままでいいのよ」というメッセージを届けるのです。

「根っこ」が朽ちかけている中学生はたくさんいます。

大人のダメ出しが、子どもを駆逐していくのです。

 

 

ですから、枯れかけた「根っこ」に栄養補給をしていました。

 

 

「あなたはあなたのままでいいのよ」というと、子どもは努力しなくなる!ということをおっしゃる方がいます。

「ありのまま」が、人間から努力する気持ちを奪ったとおっしゃる方がいます。

 

 

そういう方は、人間に対する理解がとても低いとお伝えしたい。

人は「信じられている」とついつい努力してしまうものなのです。

「根っこ」を育み、「幹」を育てる。

すると、僕らは「枝葉」を茂らせたいと思うものなのです。

 

 

そして、この社会に貢献したいと思うのです。

それが健全に成長した人間の姿です。

 

 

最初に申し上げました。

僕らは社会的な存在です。

社会と関わり合うことで、自分を存在させています。

 

 

自分の存在で、誰かを喜ばせること。

それが一番の喜びなのですね。

 

 

まず、「根っこ」。

それから「幹」。

からの「枝葉」。

人間の成長には「順序」があるのです。

 

 

 

だから、子どもが喜ぶことをしてあげよう。

必要としているものを、必要としている分だけ届けよう。

 

 

100人いれば100通り、1000人いれば1000通り。

子どもの数だけ子育てがあるのです。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

どんなとき、子どもは幸せそうにしていますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。