学校でちゃんとやってるか心配です!

漢字が苦手な子ども

あるお母さんのお話です。

お子さん同士がすぐ喧嘩するんですね。

我が家もそう。

 

 

ゲームの順番、漫画をどちらが先に読むか…。

床に落ちたお菓子のゴミを「それを僕じゃない」「いや、わたしじゃない」なんてやっている。

 

 

あ〜〜、ヤダヤダ!

また、兄弟ゲンカだよ。

 

 

そんなこと、よくありますよね。

そのお母さんもね、兄弟ゲンカに悩んでいたんです。

 

 

上の子は下の子に対して言葉遣いがきつい!

下の子も上の子と張り合って配慮が足りない!

あ〜、こんな姿が家の外でも出たらどうしましょう?

学校で他の子にも意地悪などしないかしら?

 

心配で心配で、たまりません!

 

「家でもこうなのです。学校でもきっとこうなってるはずです」

 

 

そうおっしゃるお母さんに、僕は尋ねました。

「へ〜〜、学校でも意地悪とかしてるんですか?」

 

 

すると、こう答えました。

「えっ…、いや、してないです」

「してないんですか?」

「したら、ヤダな…って」

「あ〜、なるほど、先生はなんと?」

「周りに気を配れるとっても良い子って…」

「良いですね〜〜。学校では良い子にしてるんですね」

「はい」

 

 

起こってもいないことに悩む。

親ってさ、そういうところ、あるよね。

不安だし、心配だし。

だから、どんどん先回りして妄想が進む。

 

 

「このまま行ったら犯罪者になりませんか?」と幼稚園児のお母さんに尋ねられたこと、何度もあります(笑)

 

 

家の中ではダラしないけど、学校に行くとちゃんとやっている。

そんな子はたくさんいます。

そんな子を見て、「家でもちゃんとしてくれたら…」と思うのもまた親心です。

我が子たちなんて、モロにそのパターンです。

 

 

でもね、「家でも学校でも」なんて大変です。

どこかで息を抜かないとね。

だって人間だもの。

 

 

むしろ、家でガスを抜ける家庭は素晴らしいですよ。

逆のパターンだと大変ですよ。

 

 

「家ではちゃんとしてるけど、学校ではグチャグチャ」

こっちの方が困ります。

だって、家で息が抜けないんだもん。

その反動で、学校で息を抜くんだもん。

社会性っていう意味じゃ問題でしょう?

 

 

まあ、そう考えるとね、家庭で息が抜けるってのは大切だよ。

父ちゃんも、母ちゃんもそうだぜ。

家庭でガンバなきゃならない環境って辛いべ!

 

 

「あれやりなさい!」

「これやりなさい!」

「次は習い事!」

「はい、お手伝い!」

「歯を磨いたの?」

「顔、洗ったの?」

「早く寝なさい!」

「早く起きなさい!」

 

 

あ〜、うるさい!うるさい!

息も抜けないわ…。

 

あなたに贈る魔法の質問

 この子がうれしいそうにする瞬間はどんなときですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。