VRをやって気づいた恐ろしい未来


最近やたらA.I.に仕事を乗っ取られるという話を耳にする。

人間様の仕事はなくなるらしい。

 

 

で、そのみんながおびえるA.I.ってヤツは、どういう代物なんだい?

固形なのか?

プログラムなのか?

コンピュータなのか?

丸いのか?

四角いのか?

 

 

で、見たことある人、いるの?

 

結局、上手に説明できる人なんて少ないんだろうな。

みんなよくわかんないものにおびえてる。

 

 

それで、子どもの将来が不安だ〜、不安だ〜って言ってる。

やたら、習い事をさせたがる。

英語教育だの、プログラミング教育だの。

ま〜、忙しいわね。

 

 

さてさて、それはちょっと置いておいて。

今日はVRの話をしたいのよ。

 

 

我が家にVRがやってきた

VRって知ってる?

バーチャル・リアリティーってやつよ。

 

 

それが、これね。

 

ゴーグルを着けると、そこは仮想空間。

まあ、ビックリですよ。

これが安価に家庭用で手に入る時代ですからね。

 

 

やってみて驚いたの。

 

 

本当に仮想空間なんです。

ワープですよ。

別世界にワープ。

 

 

これにヘッドフォンまでしたら、もう完全に仮想空間の住人。

2秒で移住できます!

 

 

現実とヴァーチャルが、脳みその中でごちゃごちゃ〜ってしちゃったなぁ。

映像の中の物をつかもうとして、子どもたちが座っているソファにダイブしてしまいました。

吹き飛ばされる映像の中では、重力を感じるんですよね。

 

 

VRをやってみて感じたこと 

現実世界に息苦しさを感じてる人、多いと思うんです。

うまくいかない現状から逃げたくなってる人、多いと思うんです。

 

 

これだけリアルな仮想空間が出現するとね、そちら側の住人になってしまいたい人って現れるだろうなって思いました。

 

 

ネット通販で買い物を済ませ、SNSで人間関係を作り、仮想空間で生活するような人ですね。

嫌な上司も、うるさい先生や親もいない。

いつも優しい人だけが現れる心地の良い空間。

 

 

それが幸せかどうかなんて知らんけどね。

そういう「自分にとって都合の悪いものをすべて排除した世界」で生きたい人、多いと思うんだ。

 

 

 

いや、ある意味ではそういう人、増えてると思うんだよね。

VRは着けてなくてもね。

リアルと言えばリアルだけど、ヴァーチャルと言えばヴァーチャルな暮らし。

 

 

まあ、そう考えると、何が現実で何が仮想かって微妙なところだよね。

 

 

結局、A.I.におびえてるのも、仮想空間だと思うわ。

やっぱ、今ここ。

 

 

この一瞬一瞬で何を感じるか。

それを大事にしたいよね。

 

 

僕らは視覚と聴覚に頼りすぎて生きている。

だから、ゴーグルとヘッドフォンで仮想空間に移動できる。

 

 

でも、僕らには五感や第六感なんてものが存在する。

その感覚を鈍らせないようにしたいよね。

 

 

だから、「感じる」が大事。

考えすぎてる現代人は、もっと「感じる」を大切にしたい。

仮想空間は、どこまでいっても「考える」の世界だからさ。

 

 

リアルな社会を生きてる僕らは、もっと「感じる」を大切にしたいなぁ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 今、何を感じていますか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。