チームをつくる 〜LS北見で紐解く組織図〜


平昌オリンピックに日本代表として出場したLS北見。

準決勝で韓国に敗れるも、3位決定戦で英国を破り史上初の銅メダルを獲得しました。

 

 

上図がそのときの人間関係図です。

 

本橋麻里 夢△1花□3□2D7

藤澤五月 和△4樹□4◯4P38

鈴木夕湖 激□2陽△1◯2P7

吉田夕梨花 奇◯4地□3P12

吉田知那美 和□3灯◯3◯3P19

JD(コーチ) 尊◯4地△4◯4P21

 

「チーム青森」として2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックに出場した本橋麻里選手。

彼女の宿命は『夢』。

しかも△1。

 

 

大きな夢を抱き、2010年LS北見はスタートしました。

 

 

チーム編成を見てみよう

 

本橋麻里 夢△1花□3□2D7

馬渕恵 和◯1花□3△4P3

鈴木夕湖 激□2陽△1◯2P7

吉田夕梨花 奇◯4地□3P12

江田茜 学◯3山◯2△2 P53

 

唯一適応値の高い江田茜選手。

なんとP53です。

 

 

チーム最年長の馬渕選手、リーダーの本橋選手の相性は「友達」。

きっとこの2人、コミュニケーションはスムーズだったことでしょう。

 

 

「夢」で「△」の本橋選手と「和」で「◯」の馬渕選手。

とても良いコンビであったと想像します。

 

 

ところが、江田選手とこの2人は「他人」。

しかも、吉田夕梨花選手とは「ライバル」。

ここのコミュニケーションはスムーズでなかったかもしれません。

 

 

そんなわけで、江田選手がチームを離れ、吉田知那美選手が加わったのは2014年のことでした。

 

 

本橋麻里 夢△1花□3□2D7

馬渕恵 和◯1花□3△4P3

鈴木夕湖 激□2陽△1◯2P7

吉田夕梨花 奇◯4地□3P12

吉田知那美 和□3灯◯3◯3P19

 

適応値も低くなり、いくぶんマイルドになりました。

これで⬜︎が2人、○が2人。

氷上で考えれば、△がもう1人欲しいところです。

 

 

そして、2015年。

馬渕選手が引退し、藤澤五月選手が移籍してきました。

 

 

本橋麻里 夢△1花□3□2D7

藤澤五月 和△4樹□4◯4P38

鈴木夕湖 激□2陽△1◯2P7

吉田夕梨花 奇◯4地□3P12

吉田知那美 和□3灯◯3◯3P19

本橋選手と本橋麻里選手は「ライバル」の関係です。

本橋選手も藤澤選手が移籍したことで「最強のバックアッパー」に回ることになります。

 

 

その距離感や在り方が、△の藤澤選手の火をつけたと想像します。

「チーム青森」の一員として、オリンピック2大会に出場した本橋選手は、△の藤澤選手にとってやっぱ「なんかすげ〜存在」ですからね。

藤澤選手もきっと尊敬していたことでしょう。

 

 

そんなわけで、氷上の選手を見るとこんな感じです。

 

△1名、⬜︎2名、◯1名。

非常にバランスの取れた構成になっています。

 

 

相性を見ても分かる通り、藤澤選手を中心にまとまりやすいチームになっています。

エースと、それを支えるメンバー。

 

 

さらに、エースが尊敬する本橋麻里選手というリーダーの存在。

しかも、△同士。

本橋選手の「夢」が現実になるチームができあがったわけです。

 

 

なおかつ、コーチのJDは藤澤選手と「夫婦」の関係です。

親分である本橋選手の言葉を、子分であるJDコーチはよく聞いたことでしょう。

 

 

そして、藤澤選手へ伝えていきます。

「ライバル」である本橋選手からではなく、JDコーチから迂回して伝える。

これもまた良かったかもしれません。

 

 

そんなわけで、LS北見は平昌オリンピックにてカーリング史上初のメダルを獲得したのでした。

 

 

チームをつくる 

結果を出すチーム。

それはコミュニケーションが円滑であること。

意思の疎通ができていないチームは、チームの持つポテンシャルのすべてを発揮できるわけがありません。

 

 

まず、適応値の差と相性。

そこは良い悪いだけでなく、リアルな人間関係や年齢・性別に寄るところもあるでしょう。

 

 

さらに、「◯△⬜︎」のコミュニケーションの違いを鑑みる。

けれど、「◯△⬜︎」が同じ人を集めれば良いかというとそうでもなく。

すべてはバランス。

 

 

結果を出す組織には理由があります。

 

魔法の質問

あなたのチームのコミュニケーションは円滑ですか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。