子どもに「ご褒美」を与えることは有効か。


子どもたちにクレヨン画用紙を手渡し、

ある実験をしました。

 

 

Aグループの子どもには、

「上手に絵が描けたら、

 ご褒美をあげるよ」

と伝えました。

 

そして、絵を描いたあと、

ご褒美をあげました。

 

 

 

Bグループの子どもには、

ご褒美の話は

しませんでした

 

そして、絵を描いたあと、

ご褒美をあげました。

 

 

 

Cグループの子どもには、

ご褒美の話をせず、

ご褒美もあげませんでした。

 

 

 

その結果…、

 

 

 

 

Aチームの子どもは、

他のチームより長時間

絵を描きました。

 

 

ですから、

「子どもにご褒美を与えること」は、

一見有効な手立てに見えます。

 

 

 

 

 

本当に、

そうでしょうか?

 

 

 

 

この実験には、

続きがあります。

 

 

 

それから数週間後。

それぞれのグループに、

またクレヨンと画用紙を手渡しました。

 

 

今度は

「ご褒美」は

  ありません。 

 

 

すると、どうでしょうか。

 

 

 

BグループとCグループの子どもは、

前回同様、絵を描きました。

 

 

 

ところが、Aチームの子どもたちは、

絵を描くことに

まるで興味を示さなかったのです。

 

 

 

(なんだ…。

 ご褒美をくれないんだ。

 じゃあ、僕、描かないよ)

 

 

ってな感じです。

 

 

 

一度でも「ご褒美」という名の報酬を受け取ると、

「やりたいからやる」

 という内発的動機は、

「ご褒美を

 もらえるからやる」

に変化してしまうのです。

 

 

 

「ご褒美」を与えることは、

即効性のある手立てです。

 

 

 

しかし、それはやがて、

ご褒美をもらえるならやる

ご褒美をもらえないならやらない

という状態につながります。

 

 

 

特に注意が必要なのは、

こんなときです。

 

 

子どもが自発的に何かをやったときです。

自発的に勉強をした。

自発的にお手伝いをした。

 

 

こんなとき、

子どもは「やりたいからやる」という

シンプルな動機に従って行動しています。

 

 

そんなとき、

大人はついついうれしくて

お小遣いなどを与えてしまう。

 

 

 

すると、どうでしょう。

 

 

ご褒美を与えてしまうと、

「やりたいからやる」

  は、

「ご褒美を

 もらえるからやる」

  に変わります。

 

 

 

それは結果的に

ご褒美をもらえるならやる

ご褒美をもらえないならやらない

という状態を生み出します。

 

 

 

アメとムチを使い分ける、

などと言いますがね。

 

 

子育てには

どちらも必要ないのかもしれません。

 

 

 

「学校の先生」も同じですね。

 

 

「◯◯したら△△させてあげる」的なアイデアは、

一見有効に見えて、

その実、大切な「何か」が欠落した手立てとも言えるのです。

 

 

【参考文献】

 池田貴将 著
 『図解 モチベーション大百科』
 (サンクチュアリ出版)

 

    

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。