子どもに「ご褒美」を与えることは有効か。


子どもたちにクレヨン画用紙を手渡し、

ある実験をしました。

 

 

Aグループの子どもには、

「上手に絵が描けたら、

 ご褒美をあげるよ」

と伝えました。

 

そして、絵を描いたあと、

ご褒美をあげました。

 

 

 

Bグループの子どもには、

ご褒美の話は

しませんでした

 

そして、絵を描いたあと、

ご褒美をあげました。

 

 

 

Cグループの子どもには、

ご褒美の話をせず、

ご褒美もあげませんでした。

 

 

 

その結果…、

 

 

 

 

Aチームの子どもは、

他のチームより長時間

絵を描きました。

 

 

ですから、

「子どもにご褒美を与えること」は、

一見有効な手立てに見えます。

 

 

 

 

 

本当に、

そうでしょうか?

 

 

 

 

この実験には、

続きがあります。

 

 

 

それから数週間後。

それぞれのグループに、

またクレヨンと画用紙を手渡しました。

 

 

今度は

「ご褒美」は

  ありません。 

 

 

すると、どうでしょうか。

 

 

 

BグループとCグループの子どもは、

前回同様、絵を描きました。

 

 

 

ところが、Aチームの子どもたちは、

絵を描くことに

まるで興味を示さなかったのです。

 

 

 

(なんだ…。

 ご褒美をくれないんだ。

 じゃあ、僕、描かないよ)

 

 

ってな感じです。

 

 

 

一度でも「ご褒美」という名の報酬を受け取ると、

「やりたいからやる」

 という内発的動機は、

「ご褒美を

 もらえるからやる」

に変化してしまうのです。

 

 

 

「ご褒美」を与えることは、

即効性のある手立てです。

 

 

 

しかし、それはやがて、

ご褒美をもらえるならやる

ご褒美をもらえないならやらない

という状態につながります。

 

 

 

特に注意が必要なのは、

こんなときです。

 

 

子どもが自発的に何かをやったときです。

自発的に勉強をした。

自発的にお手伝いをした。

 

 

こんなとき、

子どもは「やりたいからやる」という

シンプルな動機に従って行動しています。

 

 

そんなとき、

大人はついついうれしくて

お小遣いなどを与えてしまう。

 

 

 

すると、どうでしょう。

 

 

ご褒美を与えてしまうと、

「やりたいからやる」

  は、

「ご褒美を

 もらえるからやる」

  に変わります。

 

 

 

それは結果的に

ご褒美をもらえるならやる

ご褒美をもらえないならやらない

という状態を生み出します。

 

 

 

アメとムチを使い分ける、

などと言いますがね。

 

 

子育てには

どちらも必要ないのかもしれません。

 

 

 

「学校の先生」も同じですね。

 

 

「◯◯したら△△させてあげる」的なアイデアは、

一見有効に見えて、

その実、大切な「何か」が欠落した手立てとも言えるのです。

 

 

【参考文献】

 池田貴将 著
 『図解 モチベーション大百科』
 (サンクチュアリ出版)

 

    

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。