空気が読めない人の空気を読んでみる。


僕はいつも空気を読んでいる。

 

 

空気を読む!

 

 

これ、大事だと思うんだ。

 

 

ただ、問題はどの空気を読むのか、である。

 

 

ある年のこと、

校長がバカな提案をした。

 

 

まあ、

ホント頭の悪い提案である。

 

 

 

教育者とは思えない、

そんな提案である。

 

 

本人は満足そうに、

話している。

 

 

完全に悦に入っている。

 

 

教職員の表情は、

一様に曇っている。

 

 

あからさまに、

不満げな表情を見せる者もいる。

 

 

だが、それに意を唱える者はいない。

皆、空気を読んで押し黙っている。

 

 

 

さあ、どの空気を読もうか。

 

 

皆が黙っているのだから、

自分も黙っている。

 

 

これが空気を読む、である。

 

 

いや、校長は今、悦に入っている。

ここは、その空気を読むのもいい。

 

 

「さすが、校長!

 素晴らしいアイデアっす!」

 

 

太鼓持ちとして、

精一杯校長のご機嫌を取る。

 

 

これも空気を読む!だ。

 

 

んじゃ、僕は何を読むか。

みんなの不満げな表情を読む。

 

 

「なあ、校長さんよぅ。

 あんた、バカじゃねえの?」

 

 

僕はちゃんと空気を読んで、

直球をぶつける。

 

 

だから、嫌われる。

空気を読まない、と言われることもある。

 

 

いやいや!

ムッチャ読んどるッチュ〜ねん!

 

 

さて、ポイントはここから。

 

 

押し黙ってる人間たちからすれば、

「さすが校長!」と言う人間も、

「お前、バカじゃねぇの?」と言う僕も、

空気の読めない人間である。

 

 

「さすが校長!」と言う人間から見れば、

押し黙ってる人間たちも、

「お前、バカじゃねぇの?」と言う僕も、

空気の読めない人間である。

 

 

 

当然、僕から見れば、

「みんな、もうちょっと空気読もうぜ?」となるわけだ。

 

 

つまりですよ。

 

 

みんな、ちゃんと空気を読んで生きてるの

雰囲気を感じて、自分をコントロールしてんだよね。

 

 

ただ、読んでる空気の層が違うってこと。

みんな、違うのよ。

 

 

「違う」ってことを前提に付き合えば、この世はもっと生きやすくなるんだけどな。

 

 

「あいつ、空気が読めないよな」

と除け者扱いするんじゃなくてさ、

「あいつ、俺らとは読んでる空気の層が違うねん!」

の方がいい集団になりそうだわ。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。