空気が読めない人の空気を読んでみる。


僕はいつも空気を読んでいる。

 

 

空気を読む!

 

 

これ、大事だと思うんだ。

 

 

ただ、問題はどの空気を読むのか、である。

 

 

ある年のこと、

校長がバカな提案をした。

 

 

まあ、

ホント頭の悪い提案である。

 

 

 

教育者とは思えない、

そんな提案である。

 

 

本人は満足そうに、

話している。

 

 

完全に悦に入っている。

 

 

教職員の表情は、

一様に曇っている。

 

 

あからさまに、

不満げな表情を見せる者もいる。

 

 

だが、それに意を唱える者はいない。

皆、空気を読んで押し黙っている。

 

 

 

さあ、どの空気を読もうか。

 

 

皆が黙っているのだから、

自分も黙っている。

 

 

これが空気を読む、である。

 

 

いや、校長は今、悦に入っている。

ここは、その空気を読むのもいい。

 

 

「さすが、校長!

 素晴らしいアイデアっす!」

 

 

太鼓持ちとして、

精一杯校長のご機嫌を取る。

 

 

これも空気を読む!だ。

 

 

んじゃ、僕は何を読むか。

みんなの不満げな表情を読む。

 

 

「なあ、校長さんよぅ。

 あんた、バカじゃねえの?」

 

 

僕はちゃんと空気を読んで、

直球をぶつける。

 

 

だから、嫌われる。

空気を読まない、と言われることもある。

 

 

いやいや!

ムッチャ読んどるッチュ〜ねん!

 

 

さて、ポイントはここから。

 

 

押し黙ってる人間たちからすれば、

「さすが校長!」と言う人間も、

「お前、バカじゃねぇの?」と言う僕も、

空気の読めない人間である。

 

 

「さすが校長!」と言う人間から見れば、

押し黙ってる人間たちも、

「お前、バカじゃねぇの?」と言う僕も、

空気の読めない人間である。

 

 

 

当然、僕から見れば、

「みんな、もうちょっと空気読もうぜ?」となるわけだ。

 

 

つまりですよ。

 

 

みんな、ちゃんと空気を読んで生きてるの

雰囲気を感じて、自分をコントロールしてんだよね。

 

 

ただ、読んでる空気の層が違うってこと。

みんな、違うのよ。

 

 

「違う」ってことを前提に付き合えば、この世はもっと生きやすくなるんだけどな。

 

 

「あいつ、空気が読めないよな」

と除け者扱いするんじゃなくてさ、

「あいつ、俺らとは読んでる空気の層が違うねん!」

の方がいい集団になりそうだわ。

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。