多夫一妻制のお話

女性との会話

一人の男性が一人の女性を満たすことは、なかなか難しい。

一夫多妻制なんてものがあるが、本当は多夫一妻制の方がしっくりくる。

 

 

もう、一人の男性が一人の女性のすべてを満たすって難しいのかもしれない。

女性には3つの支えが必要なのだ。

 

 

一つは経済的な支え。

一つは精神的な支え。

そして、もう一つは誰にも依存せず、自分の足でしっかりと立つこと。

 

 

その3つで、カメラの三脚のように立つ。

これが重要みたい。

 

 

ところが、今の旦那様は経済的な支えにはなってくれても、精神的な支えにはならなかったりする。

女性として輝かせてくれる存在か、というとそうではない。

 

 

不満はない。

よく働く旦那だ。

育児にも参加している。

 

 

でも、私を輝かせてくれない。

そういうことが私を悲しくさせる。

 

 

 

いや、むしろ一人の男性に、その両方を望むのは酷なのかもしれない。

だから、経済的な支えと精神的な支えを別の男性にする。

 

 

そんな女性が増えているらしい。

 

 

…という話を、沖縄で男子大学生が聞かせてくれた。

「しつもんカンファレンス」の懇親会での出来事である。

 

 

「ねえねえ、何か印象に残った話、ある?」

と尋ねたら教えてくれたのだ。

 

 

男子大学生の心に、よほどインパクトを残したんだろうな。

 

 

経済的に支えるということ。

そして、精神的に支えるということ。

 

 

確かに両方を求められたら大変かもしれないな。

 

 

ちなみに、多夫一妻制の国がある時代、あったらしい。

女性は元の家族と暮らし、いわゆる「通い婚」の状態で夜な夜な男性がやってくる。

 

 

夫婦といっても、いっしょに暮らすわけではない。

通ってきてSEXをして帰る。

そんな婚姻関係だったらしい。

 

 

時代や国が変われば、パートナーシップの在り方も変わる。

僕らにとって何がベストなんだろうね?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。