このご時世にリーダーシップを求めるなんて、ちょっと無理があるのかもよ


リーダーの絶対条件はヴィジョンを語れることだと言われている。

要するに言語でもって、「明るい未来」を僕らに伝えられることである。

その言葉に僕らはインスパイアされて、「おいら、あんたについていくよ!」となるのだ。

 

 

どれだけ明るい未来を見せられるか。

この人についていったら、なんだかすごい未来が待っているんじゃないか。

 

 

そう思わせてくれる言葉を持っていることが、リーダーのひとつの条件なのである。

まあ、そんな校長先生、あんまりおらんけどね。

 

 

で、今、この国は未曾有の危機の渦中にいる。

新型コロナウイルスが猛威を振るい、僕らの生活を大きく変えてから、かれこれ1年半になる。

マスクを着けて外出するのがマストとなり、人が集まるだけでちょっと無法者感が漂う時代になった。

 

 

いや、しかしだ。

この生活はいつまで続くのだろうか。

「コロナが終わったら」という言葉を合言葉のように聞くのだけれど、一体全体どうなったら「終わった」と定義されるのだろうか。

試合終了のホイッスルを鳴らす人はいるのだろうか。

 

 

リーダーがやることと言えば、感染者が増えたら「緊急事態宣言」を出し、減ったら解除して、を繰り返すだけだ。

別にそれを批判しようとは思わないけれど、なんだかその程度の判断なら小学校の保健委員会でもできそうだ。

 

 

頼みの綱はワクチンだと思うのだけど、「あれ?けっこうな人が打ってるけど、結局何も変わってなくない?」という日々が続いている。

あれは感染を拡げないわけではなく重症化しないためなので、まー当たり前なんだけどね。

 

 

そう。

つまり、あれこれいろんなことをやってるけど、結局1年前とそんなにも変わってないよね?という空気感が漂っているわけだ。

 

 

というわけで、このブログでは偉い人たちを批判したいのかというと、そんな話ではない。

今日お話したいのはリーダーシップの話である。

要するに、ヴィジョンで明るい未来を見せることが大事だよ、という話をしたいのだ。

 

 

「緊急事態宣言」でちゃんとみんなが自粛したら、明るい未来が待ってますよ!

ワクチン打ったら、明るい未来が待ってますよ!

とか言ってくれるなら、もう少し協力する人は増えるだろう。

 

 

ところが、どっこい!

 

 

「緊急事態宣言が解除されたあとも自粛してください」

「ワクチン打ったあとも自粛してください」

と言われると、

「あれ?結局、いろいろやっても、これからも我慢なんだね」

としかならない。

 

 

まったく明るい未来が見えない中での「お願い」は、やはり人の心を動かさないのである。

 

 

 

「明るい未来」よりも「不安」の方が、人間の心を動かす力がある。

だから、まだ今は、人流を抑えることができている。

でも、そんな「不安」にもだんだん慣れてきちゃったよね。

「緊急事態宣言」が「飲み会禁止令」にしか思えなかったりもする。

 

 

で、だよ。

「明るい未来」を語ることができる人が、この世界にいるのだろうか?

…というのが次の問いである。

 

 

「明るい未来」を語るには、どこまでも楽観的な心が必要なのである。

社会全体が悲観的なコロナ渦において、「あいつ、馬鹿じゃね?」と思われるぐらい楽観的になって明るい未来を語れる人は早々いないと思うのだよ。

 

 

だって、叩くでしょ?

そんな楽観的な明るい未来を語る人が現れたら叩くでしょ?

エビデンスを出せ!とか言っちゃうでしょ?

 

 

そんな社会だから、「明るい未来」を語る人はいなくなる。

そうすると、リーダーはいなくて当たり前の社会になっていくんだな。

 

 

楽観的な明るい未来を語る人がいて、「おいら、あんたについていくよ!」となってはじめて、組織は動き出すのである。

 

 

「先生、これっていつまで続くんですか?」と子どもに問われたとき、明るい未来を示せる大人でありたい。

ん?できるかな?

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。