「なんで?」をやめたら、子どもは変わる

言葉がけ一つで変わる「なんでできないの?」「なんでわからないの?」「なんで?」「なんで?」「なんで?」ついつい言ってしまう「なんで?」という言葉。教室でついつい。我が家でもついつい。僕は「なんで?」を繰り返してしまうこと...

子供から嫌われる方法

大人はやり方を知っている。だから、やり方を教えたくなる。一見、それが近道に思えるから、ついつい大人は教えたくなる。子供の気持ちはどうなんだろう?あのね。大人はすぐに教えたがる。「あーしなさい」「こーしなさい」と言いたくな...

思春期の子供との接し方

子供に嫌われる方法を教えます♪子供って介入してくる大人が嫌いなの。コントロールしてくる大人が嫌いなの。で、これって「大人」と「子供」って関係で見てるからさ、ついつい大人は子供のことに介入したくなるわけです。ついついコント...

子供の自信を取り戻す家族になる。

平均点にこだわる人は多くいます。「結果が出ないのは、コイツが努力していないからですよ」そうおっしゃる父親もいました。働いている方が多いからでしょうか。父と子の関係って難しいなって思います。さてさて…平均点以下の人って、全...

子どもを信じるって、どういうこと?

子どもを信じるということは、なにも「この子は本当はもっと賢い子なの!」とか「この子はこんな力じゃないの!」って盲信することではないんです。「私はこの子の力を信じています」それは一見美しく見えます。でもね、その言葉が子ども...

3点なら3点の人生を楽しめるかどうかだ!

もしも子どもが3点を取ってきたら…子どものテストが3点だった。親としたら、ひどく落胆しますよね。(ちゃんと勉強してるの?)怒りが沸いてくるかもしれません。それで「勉強しなさい!勉強しなさい!」と言ってみる。でも、子どもは...

完璧なお母さんだと子どもは疲れる♪

「私は完璧なお母さんよ!」という方は、読まないでください。気分を害されることを書いていると思います。だから、絶対に読み進めないでください。読み進めておいて、文句を言うのはやめてくださいね。いいですか?「私は完璧なお母さん...

やる気のない子どもにイライラしたら

読者様からのメッセージ今、マラソン大会に向けて取り組んでいます。ところが最近、マラソン大会参加申込書に「いいえ」に○をつけて提出してくる子どもがちらほらと出てくるようになり、職員会議でも少し話し合いました。元気なのに、去...

ママ友のつながりが子育てを難しくすることもある

学校では日々、子どもたちはさまざまな事件を巻き起こします。「学校の先生」は、当事者同士の話を聞いたり、周囲で見ていた子どもたちに聞き取りをしたり、解決に奔走します。まあ、そんなことは日常茶飯事なわけでして。ホント、何でも...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 69