職員室で人間関係に苦しんでいるあなたへ

職員室 人間関係

職員室をハッピーにするためにできることは何ですか?

「教育現場 人間関係 辛い」で検索すると、google検索順位1位の『ハッピーな先生のハッピーな教室』(4月11日現在)。

職員室の人間関係に苦労している方も多いのでしょう。

 

ココロとカラダを壊してしまう先生が増えています。

「忙しいから…」「子どもや保護者が大変だから…」だけではないように思います。

僕は一番の原因は職員室にあると思っています。

 

僕も職員室で人間関係に苦しんだことがありました。

どれだけ教室が大変でも、どれだけ保護者が大変でも、職員室があたたかければ全然大丈夫なの。

一つのチームとしての、志を一つにした仲間としての職員室であれば大丈夫なの。

 

でもね、職員室の人間関係に苦しんでいたときは、本当に苦しかった。

 

もう大昔の話です。

 

仲がとっても悪いときがあったんです。

僕は修学旅行の担当でしたが、細案をつくると、苦情の嵐。

 

どんな苦情だと思いますか?

 

新幹線、隣は嫌!バスが同じは嫌!ホテルの部屋が一緒は嫌!

子どもの声じゃないですよ。大人の声です。

 

「あなたね、私、あの先生、嫌なの。私だけあの人と一緒になるの多くない?嫌がらせ?」

そんなふうに詰め寄られたこともありました。

 

それ以来、「職員室をハッピーにすること」、これが僕のテーマの一つだったりします。

職員室がハッピーであることが一番大事!

 

受け入れないで、受け止めてあげよう

職員室の人間関係に困ったらね、戦わないことです。

いいですか?

変えられるのは、自分だけなんです。

他人を変えようなんて傲慢です。

 

あなたが自分のことを正しいと思っているように、相手だって自分のことを100%正しいと思っているんです。

一点の曇りもなく、自分は正しいと思ってるんです。

 

だからね、戦ったらダメなの。

自分と異なる意見はね、受け入れないで受け止める。

「それもありだな」ってつぶやいてみる。

職員室をハッピーにするための習慣

 

結局、ワクワクするかしないかが大事なのだよ

あなたを攻撃してくる相手は、未だに「正しいか正しくないか」の時代に生きている人なの。

「私は正しくて、あなたは間違っている」

そう思考しているから、攻撃してくるの。

 

そんな相手とは戦ってはいけません。

あなたは「ワクワクするかしないか」の時代に生きている人だから。

あなたを攻撃してくる人と戦うことに、ワクワクする?

しないでしょ?

 

だからね、最大限の配慮をして、相手のニーズを満たすゲームだと思うんですね。

魔人ブウかフリーザだと思ってください。

 

戦うとね、子どもたちにも悪影響が出るんです。

子どもたちの前でね、「あの先生はそう言ってたかもしれないけれど、私はこう思うわ」みたいなことを言われたら最悪です。

その一番の被害者は子どもたちなのです。

それはプロとして許せないことですよね。

 

年度が変わり学年職員の顔ぶれが変われば、ずいぶんそういう状況も是正されるでしょう。

 

だからね、戦わないの。

勝たなくていいし、勝てなくていいし。戦わなければ負けないんだから。

職員室で戦ってはいけません

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

 職員室をハッピーにするためにできることは何ですか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。