「怒れる人」からは距離を置いてみる♪

共感 怒り 人間関係

悩みごとから学ぶ

「こういう先生がいるのですが、どう思いますか?」

「こんな親がいるのですが、どう思いますか?」

こういうメッセージをよくいただきます。

 

本当に返事に困ってしまうのですよね。

それは、なぜでしょうか。

 

 

僕はいつも相手の感情にフォーカスしています。

 

相手が真に求めているもの。

そこに寄り添うのですね。

 

「いや〜その親にも言い分があってね…」と反論したら、どんな気分になられるでしょうか?

「会ったこともない先生のこと、どうも思わないです」なんて答えたら、どんな気分になられるでしょうか?

 

 

求めているもの、それは共感です。

「僕もそう思うよ」

その言葉を求められていると思うんだ。

 

でもね…、

 

「こういう先生がいるのですが、どう思いますか?」

「こんな親がいるのですが、どう思いますか?」

 

 

これね、

「私、怒りを感じています。あなたも怒りを感じてください。」

そんなメッセージだと思うのです。

 

だからこそ、返信に困るのです。

 

 

同僚からの相談には…

こんなこと、ないですか?

 

「ちょっと聞いてよ!」

そう言われて、聞かされるのは悪口。

 

「今日、こんなことがあったんだよ。ひどいよね」

 

そういうときこそ、試されてるんだと思います。

自分がどう在りたいか。

否定も肯定もせず、受け止めてみる。

 

「そう、そんなことがあったんだね」

 

ただ、受け止めるだけでいい。

 

「ねえねえ、どう思う?」

 

なんて、ツッコまれる。

こんなときはさらに困ります。

相手が望む言葉はなんでしょうか。

そういうニーズも読み取ってみます。

一緒になって怒りを感じてほしいんですね。

 

「喜び」と「悲しみ」なら一緒に味わってもいいけれど…

でもね、その人に合わせる必要はないんですよ。

その人の怒りを、一緒に味わう必要なんてないの。

 

「喜び」なら一緒に味わうといい。

共感してくれる人がいるとね、「喜び」って2倍になるから。

 

「悲しみ」なら一緒に味わうといい。

共感してくれる人がいるとね、「悲しみ」って半分になるから。

 

でもね、「怒り」だけは違うのです。

 

「怒り」って、一度味わうと、なかなかそこから抜け出せません。

あれ、なんなんでしょうね?

ちょっと忘れたと思ったら、すぐぶり返す。

「怒り」って本当に厄介です。

 

怒っている人からは距離を置く

でね、こんな人がやってくる。

「聞いてください!こんなことがあったんです」

話している本人は、すでにお怒りモード。

 

そんなときはね、

「そう、そんなことがあったんだね」

受け止めたら、さっと席を外してみる。

 

「怒り」を表現している人って、とっても幼く見えます。

かく言う僕も、怒ってばかりの人間でした。

人って、成長するものですね。

 

店員さんのひどい対応にも、怒りを感じなかった話

 

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

あなたが共感したいときは、どんなときですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。